【俺ガイル・はまち】雪ノ下「比企谷くん、あなたと付き合ってあげてもいいわ」SS

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます


みんな知ってる使ってる「Amazon」

Amazonでは、本を声で聴く「Amazonオーディブル」というサービスもやっています。

知っていましたか?
いや知らなかったって人、オーディブルの30日間無料体験に登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。

安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。

無料体験中に退会で料金は一切不要

無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。

「お金ってかかるの…?」

いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。

また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。

辞めたら没収!とか悲しいことにはならないので、ご安心ください笑
Amazonオーディブル無料体験はこちら

俺ガイルは全巻音声化

俺ガイルは1巻から最終巻の14巻まで全巻オーディオブック化されています。(※これから配信予定の巻もあり)
oregairu1
oregairu2
oregairu3
サンプルボイスも配信されています。気になった方は視聴してみてください♪
oregairusample

ドラマCDとか好きな人には、めちゃくちゃおすすめなサービスですよ。

Amazonオーディブル無料体験で1冊もらう

1 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:02:24.79 ID:BXuks//qo
比企谷「は?お前今何て言ったの?」

雪ノ下「聞こえなかったの?あなたの耳はただの飾り?」

比企谷「いや、そうじゃなくて。聞こえた内容が突飛過ぎたんでもう一度確認したいんだが……」

雪ノ下「そう……ならもう一度だけ言うわ。比企谷くん、その、わ、私と付き合うことを許してあげるわ」

比企谷「……」

由比ヶ浜「ゆゆゆゆきのん!?いきなり何言ってるの!?ってか、ヒッキーも何で無言!?」

比企谷「何て返せばいいんだよ……」

2 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:03:16.44 ID:BXuks//qo
雪ノ下「普通に、お願いします、どうか付き合わせてください、と地面に頭を擦り付けて土下座すればいいと思うのだけど?」

比企谷「何でそんな上から目線なんだよ。つーか、それ普通か?」

由比ヶ浜「全然普通じゃないし!ってか、ゆきのんホントにどうしちゃったの!?保健室行く?それとももう帰って寝たほうが……」

雪ノ下「大丈夫よ由比ヶ浜さん。確かに、気でも狂ったのかと思うような行動だと理解はしているのだけれど、私は正常よ」

由比ヶ浜「で、でも……」

雪ノ下「本当に大丈夫だから。心配してくれてありがとう。」

比企谷(何で体調悪いのに頑張ってます、みたいになってんの?何か遠回しに傷つけられてる気がすんだけど……)

3 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:04:02.64 ID:BXuks//qo
雪ノ下「それで、どうなのヒキ……ヒキ……引き延ばしくん?」

比企谷「おいっ!人を優柔不断みたいに呼びないでくれる。いきなりすぎて、頭がついていってないだけだから」

雪ノ下「冗談よ。それで本当にどうするのかしら?」

比企谷「いや、どうするって……これって……その……告白……だよな?ってことは、お前俺のこと……」

雪ノ下「何を勘違いしているの?」

比企谷「は?」

雪ノ下「私のは告白ではなく、許可よ。なので、私に好意を持って告白するのはあなたの役目なのだけれど?」

比企谷「いや、マジで何言ってんのお前?」

雪ノ下「つまり私はあなたの告白に承諾するので、あなたは今から私に告白しなさい」

比企谷「いや、意味分かんないから……」

比企谷(これは……俺はからかわれてるのか?いや、それにしては雪ノ下らしくないな……)

由比ヶ浜「ヒ、ヒッキー!!私もヒッキーと私が付き合うの許可してあげてもいいかな……なんて」

比企谷「なん……だと?」

4 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:04:45.75 ID:BXuks//qo
雪ノ下「ちょっと由比ヶ浜さん?それはどういうことなのかしら?」

由比ヶ浜「い、いや~、ゆきのんが許可するなら私も許可しようかな~と思って」

雪ノ下「やめておきなさい。こんな男と付き合ってもろくなことにならないわ」

比企谷「おい、お前が言うのかよ、それ!」

由比ヶ浜「そうだよ、そう思うならゆきのんがやめれば……」

雪ノ下「それとこれとは話は別よ。不本意なのだけれど、こんな男とバランスがとれるのは私しかいないと思うわ」

由比ヶ浜「そ、そんなことないし。私だってヒッキーとの相性はいいかな~とか思ったりするよ……ヒッキー、キモいけど」

比企谷「お前ら何がしたいの!?実は二人で俺を傷つけたいの!?」

比企谷(にしても本当に何なのこの状況。同じ部活の女の子が俺を取り合っている……馬鹿な、俺の青春にそんなイベントが待っているはずがない。これは罠だ。こんなイージートラップに引っかかるな、俺!)

5 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:05:23.56 ID:BXuks//qo
比企谷「……なぁ、お前ら。依頼者が来なくて暇なのは分かるが、俺をからかって楽しいか?」

雪ノ下・由比ヶ浜「「?」」

比企谷「あれ?何で俺が空気読めないみないな感じになってんの?」

雪ノ下「……はぁ。卑下谷くん、そこまで自分を卑下する必要はないわ」

比企谷「俺をコンプレックスの塊みたいに言うのやめてくれる。割と自分のこと好きだから!いや、大好きだからね、俺!」

雪ノ下「確かに一見……いえ、何度見ようともあなたの存在はクズに見えるのだけれど、それでも私はあなたに何度も救われたわ。その事実は私に好意を持たれるには充分よ」

由比ヶ浜「そうだよ!ヒッキー実は優しくて、以外と頼りになったりするし……キモかったりもするけど……」

比企谷「二人とも、嬉しいこと言ってくれてるような気はするんだが、言葉の所々に刺が仕込まれているのは気のせいか」

雪ノ下「そんなことはどうでもいいのよ。それで、どうするのかしら?私と付き合うの?」

由比ヶ浜「そうだよ、ヒッキー!どうすんの!?私と付き合う?」

比企谷(俺から告白する云々はもうどうでもいいんだな。ってか、あの由比ヶ浜が雪ノ下に一歩も引かない……これはマジな雰囲気だな。そもそも俺に選択権はないのか……くそっ、どうする!?)

6 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:06:09.12 ID:BXuks//qo
平塚「比企谷~いるか?」

比企谷(ナイスタイミングです、平塚先生!何の用か知りませんがこの場をうやむやにしてください!二人が怖いんで……)

雪ノ下「先生……入るときはノックを……」

平塚「細かいことを気にするな雪ノ下。それより……」

比企谷「何の用ですか、平塚先生」

平塚「これだ」

比企谷「これは……この間提出した進路希望?何か問題でも?」

平塚「問題大有りだ。何だこの第一希望専業主夫とは」

比企谷「家庭の安全を守り、大黒柱を健気に支える立派な仕事です」

平塚「確かに立派な仕事だな。だが、この進路希望は高校卒業後の希望だ。進学を志望する大学を書くとか、就職するにしても、どんな職を希望しているかを書け!」

比企谷「い、いや専業主夫も立派な就職先ですし……」

平塚「ほぅ……じゃお前は卒業と同時に専業主夫になれる宛でもあるのか?」

比企谷「いや、それは……学校が紹介してくれないかな~なんて……」

平塚「結婚ナメんなバカヤロー!!そんな簡単に学校が相手を紹介してくれるなら、私だってもう専業主婦だバカヤロー!!!」

比企谷「先生……何も涙目でそんなこと言わなくても……冗談ですから」

平塚「す、すまない、取り乱した。別に私は教師が嫌なわけじゃないんだ。でも、私だって女だし、専業主婦に憧れなかったわけじゃ……」

比企谷(うわ~何かアラサーの愚痴が始まっちまったよ)

7 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:06:48.42 ID:BXuks//qo
雪ノ下「平塚先生」

平塚「何だ雪ノ下?」

雪ノ下「比企谷くんの進路希望ですが、専業主婦で問題ありません。私が彼を養うので」

比企谷「……は?」

平塚「……ひ~きが~やく~ん。これはどういうことかな~」

比企谷「近い、近い、近い!先生、瞳孔が全開に開いた瞳でそんな至近距離から見つめないでください、怖いんで!」

平塚「私は君を人格形成のために奉仕部に連れてきたのだが、誰が雪ノ下をタラシ込めと言った?」

比企谷「ち、違うんです!これには理由が……だから指の関節を鳴らさないで!」

由比ヶ浜「ヒッキーは私が養うよ!だからヒッキーは私と結婚……してほしい……かな」

比企谷(由比ヶ浜、タイミングを考えろ!いや、考えてお願いだから!)

平塚「なるほど。奉仕部はいつの間にか比企谷にご奉仕する部活に変わってしまっていたのだな」

比企谷「いや、だから違っ……」

平塚「分かった!ならばこうしよう!比企谷は私の専業主夫になるということで手を打たないか?」

比企谷「なん……だと?」

8 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:08:42.83 ID:BXuks//qo
雪ノ下「平塚先生……何故そこで先生が割り込んで来るんですか?」

由比ヶ浜「そ、そうだよ!それは……何かおかしい……気がする」

平塚「何もおかしいことはない。私も女性で独身だ!権利はある!」

比企谷(何か変な方向へいってないか、この話……)

雪ノ下「確かに……権利だけなら先生にもありますね。しかし、一回りも歳の離れた先生を比企谷くんは選ぶでしょうか?」

平塚「ぐはっ!」

比企谷(雪ノ下の攻撃が始まったぞ、おい。大丈夫なのか、これ……)

雪ノ下「今はまだ、比企谷くんから見れば先生は大人の女性に見えるでしょう。しかし、十年後には完璧なおばさんにしか見えなくなると思います。しかし、その時比企谷くんはまだ二十代。専業主夫ならば自由な時間は作りやすいでしょうし、同じ若い主婦の方と交流しているうちに……浮気、なんてこともありえますよね、先生」

平塚「……」

比企谷(先生が息してない!?やっぱ、雪ノ下容赦ないな……)

9 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:09:17.45 ID:BXuks//qo
由比ヶ浜「はは、ゆきのん厳しいな……」

雪ノ下「由比ヶ浜さん」

由比ヶ浜「な、何、ゆきのん?」

雪ノ下「私はあなたを傷つけたくはないわ……だからお願い、引いて頂戴」

由比ヶ浜「それはできないよ!だって……だって私もヒッキーと結婚したいし!」

雪ノ下「そう。なら、仕方ないわね」

比企谷(いつの間にか、付き合うかどうかから、結婚するかしないかになってるんだが……俺に断りもなく)

雪ノ下「それでは由比ヶ浜さん、あなたどうやって比企谷くんを養っていくつもりなのかしら?」

由比ヶ浜「えっ?それは私が頑張って働いて……」

雪ノ下「本当にそれでやっていけると?」

由比ヶ浜「や、やってけるよ!」

雪ノ下「残念なのだけれど、私から見てあなたは将来そんなにお金を稼げるようには見えないわ」

由比ヶ浜「それは……確かにゆきのんみたいに頭は良くないけど……でもヒッキー一人くらいなら……」

雪ノ下「比企谷くん一人?将来的には子どもだってほしいのでしょ?しかも、産むのはあなた。その間の収入は?その後の養育費は?本当に稼げるのかしら?現実は甘くないわよ?」

由比ヶ浜「そ、そんなの、ゆきのんだって同じじゃん!?」

雪ノ下「私には何とかできる自信があるわ!」

由比ヶ浜「うっ、ゆきのんなら本当に出来そう……」

雪ノ下「それに……本当は嫌なのだけれど、私の家はお金持ちよ。困った時は、頼ればどうとでもなるわ」

由比ヶ浜「ゆ、ゆきのんが……まぶしい……」

比企谷(いやいや、言ってることめちゃくちゃだし、そうとうゲスだよ!?いやまぁ、何か説得力はあったけど)

11 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:10:06.13 ID:BXuks//qo
平塚「ふっふっふ……」

比企谷(あっ、先生が蘇った)

平塚「雪ノ下、経済力という点から言うと、私はこの中で一番充実しているぞ。教師という安定した職業!ちゃんと産休のとれる福利厚生!」

雪ノ下「そ、それは……」

平塚「それに伊達に独身でいるわけではないからな、蓄えもそれなりにある。なんなら今日からでも新婚生活を始められるぞ!」

比企谷(今日から始めたら、生徒に手を出した罪でその職を失いますけどね……)

平塚「どうだ雪ノ下!?教師を……アラサーをナメるな!!」

雪ノ下「くっ……」

平塚「それにだ!さっきの話だが比企谷が浮気?有り得ないな!冷静に考えれば、こいつにはそんなコミュ力も度胸もない!」

比企谷(ぐはっ!!いきなりの流れ弾が俺に……)

雪ノ下「くっ……やはり気づきましたか、この男には無理だということを……」

比企谷(ぐはっ!!もう一発……だと……)

平塚「そう……比企谷はそんな人間だ。そんな人間が、お前の家のよう色々と付き合いの多そうなコミュニティでやっていけると思うか!?」

雪ノ下「無理……だわ」

比企谷(おい、そこは嘘でも信じろよ、俺を!)

12 ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:10:49.17 ID:BXuks//qo
雪ノ下「ふぅ……このまま不毛な討論を続けても意味がなさそうですね」

平塚「そうだな」

由比ヶ浜「よしこうなったら……」

比企谷「えっ、何なの?三人で恐い顔して……」

雪ノ下「比企谷くん!」

由比ヶ浜「ヒッキー!」

平塚「比企谷~!」

「「「誰と結婚する!?」」」

比企谷(何だ……これは?三人の異性から鬼気迫る勢いで求婚されるなんでことがあっていいのか?本当にこんなハーレムラノベの主人公みたいなことがあっていいのか?いや……待て。これはハーレムじゃない!ハーレムならば三人同時に攻略出来るはず。しかし、今選べるのは一人だけ……しかも、何か全部地雷臭いけどな。ただ、今一ついえることは……)

比企谷「こんな俺の青春ラブコメは間違っている」
13 ◆9.qE3y3JGw[sage] 2013/12/16(月) 15:11:35.76 ID:BXuks//qo
以上で終わりです。
読んでくださった方ありがとうございました。

14 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/16(月) 15:31:31.33 ID:pWTekck90
いやいや

いやいやいやいやいやここからでしよ

33 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2013/12/16(月) 20:09:31.68 ID:i4gW+lQCo
どう考えてもここからです
本当にありがとうございました

41 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2013/12/21(土) 14:55:48.84 ID:GZkx/YqFO
修羅場SS大好物なんだ頼むよ

雪ノ下「比企谷くん、あなたと付き合ってあげてもいいわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387173744

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【俺ガイル1冊無料・AMAZONで本を聴く📚】
Audible無料体験はコチラ
【俺ガイル1冊無料・AMAZONで本を聴く📚】
Audible無料体験はコチラ