【平塚静SS】八幡「酒を飲んだ雪ノ下がにこにこ笑いだしてかわいい」【俺ガイル】

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 16:34:22 ID:zFcr5y+g0
雪ノ下「ふふふ、もうどうしたの、比企谷君。そんなに畏まって」

八幡「え、いや、なんでもないんです、雪ノ下さん。すんません」

雪ノ下「もう、ほんとにどうしたの?謝ることなんてないでしょう?変な比企谷君。ふふふ」

八幡(よくわからんがすごい楽しそうだ)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 16:45:56 ID:zFcr5y+g0
八幡(由比ヶ浜が間違えて買ってきた酒を一口飲んだだけでこうとは……)

八幡(どんだけ弱いんだよ)

雪ノ下「ほーら。またしかめっ面して。そんなに私といるのはつまらないのかしら?」

八幡「いや、そんなことはないですけど」

雪ノ下「私は比企谷君と一緒にいるだけでこんなに楽しいのに、ふふふ」

八幡「は?」

雪ノ下「はー、もっと飲めばもっと楽しくなるかしら」

八幡「ばかやめっ」

雪ノ下「グビグビ」

雪ノ下「ぷはぁ。あはは、たのしーいー」

八幡「やべえ……」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 17:03:15 ID:zFcr5y+g0
雪ノ下「……比企谷君」キリッ

八幡「ど、どうした急に」

雪ノ下「今私のこと、ばかって言わなかったかしら」

八幡「言……いました」

雪ノ下「バカはあなたでしょう」

八幡「はい」

八幡(くそ、こいつは今酔ってるんだ。全部戯言だ。はいはい言ってやり過ごそう)

雪ノ下「ほんとばかよ。いつもいつも自分を犠牲にして」

八幡「は、はあ」

雪ノ下「でもそんなばかなところが好き」ギュッ
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 17:13:36 ID:zFcr5y+g0
八幡(……なんだこの状況)

八幡(雪ノ下に。あの雪ノ下に抱き締められて、俺のことが好き、だと)

雪ノ下「好き、好き、大好きぃ、うふふふ」

八幡(どうしたらいいんだこれ)

由比ヶ浜「あー!!!」

由比ヶ浜「ちょっとヒッキー!ゆきのんになにしてんの!」

八幡「俺のせいかよ。どう見ても抱き締められてるの俺だろ」

由比ヶ浜「いいから離れて!もー!」グイグイ

雪ノ下「……由比ヶ浜さん」

由比ヶ浜「え、なにゆきのn」

雪ノ下「由比ヶ浜さんもだいすき」ギュッ

由比ヶ浜「へ」

雪ノ下「ゆいゆい、大好き」

由比ヶ浜「ゆゆゆゆきのん!?」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 17:24:23 ID:zFcr5y+g0
由比ヶ浜「と、とにかく、お水持ってきたから飲んで飲んで」

雪ノ下「お水?」

由比ヶ浜「そうそう!はい!」

雪ノ下「いただくわ」グイッ

由比ヶ浜「ほっ……」

八幡「フゥー……」

雪ノ下「ニヤッふふぃあふぃ」チュー

八幡「」

雪ノ下「チュー」

由比ヶ浜「あ、ああああ、ちょっとちょっとぉ!!はーなーれーてー!」

雪ノ下「あっ……」

八幡「うげっ、げほっ」ゲバァ

由比ヶ浜「うわ、え、水?口移し!?」

雪ノ下「ちょっと比企谷君。私の水は飲めないというの?」

八幡「か、勘弁してください……」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 17:32:23 ID:zFcr5y+g0
雪ノ下「吐き出した罰として、またお酒を買ってきなさい」

由比ヶ浜「だめだよゆきのん!あたしたち未成年だよ!!」

雪ノ下「……それもそうね」

雪ノ下「じゃあ比企谷君、はだか躍りして」

八幡「は?」

雪ノ下「ふふふ、ひ、比企谷君のはだか躍り……くくく、我ながら、ナイスアイディアだわ」

由比ヶ浜「ゆきのん、さすがにそれは……」

八幡「そうだ。お願いだからやめてください。このとおり」

雪ノ下「……由比ヶ浜さん、想像してみて、比企谷君のはだか躍り」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 17:32:55 ID:zFcr5y+g0
雪ノ下「きっと楽しいと思うのだけど」

由比ヶ浜「え、えー……あ、ううん、やっぱダメだし!」

由比ヶ浜「あ、み、見たくない訳じゃないよヒッキー!でも」

八幡「落ち着け。見たいと言われても困る」

雪ノ下「そうよ由比ヶ浜さん。落ち着いてこれでも飲みなさい」

由比ヶ浜「あ、ありがとゆきのん」

由比ヶ浜「ゴクゴクッ」

八幡「あ、それお前……」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 17:43:34 ID:zFcr5y+g0
由比ヶ浜「ぷはー、なんか、へんああじらったけろ」

由比ヶ浜「あれ、あれれれ、せかいがまわってるよー」

八幡「回ってるのはお前の頭だよ」

雪ノ下「はだか躍り、はい、はだか躍り」パンッパンッ

八幡「手拍子って」

由比ヶ浜「はらかおろり、はい、はらかおろり」パンッパンッ

八幡「お、おい、お前ら、落ち着け」

雪ノ下「はだか躍り、はい、はだか躍り」パンッパンッ
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 17:55:41 ID:zFcr5y+g0
八幡(これは、詰んだ……?)

平塚「はだか躍り、はい、はだか躍り」パンッパンッ

八幡「おいそこの不良教師」

平塚「どうした。はだか躍りする気になったのか?」

八幡「止めてくださいよ。あんた教師でしょう。学校でそんなことを生徒にさせていいんですか」

平塚「いやあ、私も酔っててむずかしいことはわからんなあ」

八幡「あんたは素面でしょ……」

雪ノ下「比企谷君、早くして欲しいのだけど」

由比ヶ浜「ほらヒッキー、遅いよ」

八幡「男の子に遅いとかやめて、マジで」

平塚「逃げ場はないぞ?うん?」ニヤニヤ
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 18:03:31 ID:zFcr5y+g0
八幡「くっ……」

八幡(このノリは知っている。どんなに今俺が嫌だとごねても、結局やらされることになる)

八幡(それでもごねれば、つまらないやつ、ノリの悪いやつとして、ハブの対象にされるわけだ)

八幡「……どの程度のはだか躍りをすれば」

平塚「全裸だろ」

雪ノ下「はだか躍りなのだから当然ね」

由比ヶ浜「えへへへ」ポワポワ

八幡「……さすがに、局部はなにかで隠してもいいんですよね?」

平塚「仕方ないな」

雪ノ下「わがままを聞くのはそれでおしまいよ」

由比ヶ浜「ヒッキー、早く早くぅ」

八幡(南無三……)
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 18:22:04 ID:eoM1APZA0
ゆきのんがひたすら可愛いだけのSSでもええんやで
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 19:50:52 ID:zFcr5y+g0
八幡「……」ヌギヌギ

平塚「……」ジー

雪ノ下「……」ジー

由比ヶ浜「……」ジー

八幡(やめてくれよ……なんなんだよこの空気)ヌギヌギ

八幡(せめてもっと笑えるノリにしてくれよ。みんな目がガチで怖いわ)トサッ

八幡「では、やらせていただきます」

八幡(心を無にするんだ……踊ることに集中しろ)
八幡「……いかがでしょうか」

雪ノ下「良かったわよ、比企谷君。是非また見たいわ」ニコニコ

平塚「ああ、今年の先生方の忘年会で席を設けてやろうか」

八幡「勘弁してください……」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 19:54:44 ID:zFcr5y+g0
由比ヶ浜「……」ポー

雪ノ下「由比ヶ浜さんも、是非また見たいわよね?」

由比ヶ浜「ふぇ?そ、そうだね!!」

平塚「じゃ、次はなにを比企谷にやらせるか」

八幡「主旨変わってんだろ、おい!」

八幡「だいたいこれは罰ゲームとしてやったわけで、もう大義名分がないんすよ」

平塚「じゃあゲームしよ、ゲーム」

平塚「罰ゲームやらせるのに」

八幡「いや、そんなことより、いい加減この二人の酔いを冷ましたほうがいいんじゃないんすか」

八幡「こんなところが見つかったらあんたの信用問題だろ」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 20:00:00 ID:zFcr5y+g0
平塚「じゃあ、王様ゲームやる人ー」

雪ノ下「やります」

由比ヶ浜「はーい」

八幡「頼むから人の話を聞いてくれ」

平塚「割り箸……ないか。あみだにしよう」サササッ

八幡「……三本しか線ないんすけど」

平塚「比企谷は命令受ける側固定だから当たり前だろ」

雪ノ下「当然でしょう?」

八幡「明らかにおかしいことで、あんたばかぁ?って顔で見るのやめて」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 20:09:53 ID:zFcr5y+g0
平塚「じゃあ先に決めていいぞ」

雪ノ下「私はここで」

由比ヶ浜「あたしここー」

平塚「じゃあ私はここだ」

平塚「さーて、比企谷のご主人様だーれだ」

八幡「おい、ご主人様って」
だーれだ下三
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 20:12:52 ID:NdjQhNBL0
由比ヶ浜
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 20:18:28 ID:zFcr5y+g0
由比ヶ浜「あ、あたしだー。やったー」

平塚「ちっ」

八幡(よし。由比ヶ浜は残り二人よりはマシだろ……)

由比ヶ浜「じゃあヒッキーはねー。うーん」

雪ノ下「由比ヶ浜さん、こんなのは」

八幡「おい。入れ知恵しようとしてるんじゃない」

雪ノ下「だめなの?」

八幡「当たり前だろ」

由比ヶ浜「うーん……あ、そうだ」

由比ヶ浜「ヒッキー、正直に答えて」

八幡「ああ。(質問かよ)」

由比ヶ浜「胸は大きいのと、小さいの、どっちのが好き……?」

八幡「oh…」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 20:28:01 ID:zFcr5y+g0
由比ヶ浜「ねえ、どっち……?」

八幡「落ち着け由比ヶ浜。お前は今、酔いに任せて絶対に後悔することを聞いている」

八幡「頭を冷静にして思い直せ」

平塚「お前こそごまかそうとするんじゃない、一度した命令は絶対だ」

雪ノ下「ええ、早く答えなさい比企谷君」

雪ノ下「でも、焦ってはダメよ。落ち着いて、自分の心に正直に答えなさい」

雪ノ下「目の前の情欲には決して流されないように」

八幡「お前こそ落ち着け」

由比ヶ浜「……ふぅ、なんか暑くない?」プチプチ

八幡「そ、そりゃあ、酒を飲んだからじゃ、ないでしょうか由比ヶ浜さん」

平塚「ああ、全くだ」ヒラヒラ

八幡「だからあんたは酔ってないだろ。いい加減にしろ」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 20:34:37 ID:zFcr5y+g0
由比ヶ浜「そろそろ答えてよ、ヒッキー」ズイッ

八幡「……そりゃあ」

八幡「お」

雪ノ下「……」グイッムニッ

八幡「え」

雪ノ下「……どうかしら、大きすぎる必要は決してないと思うのだけど」

由比ヶ浜「……」ムッ

由比ヶ浜「大きいほうが絶対気持ちいいよ!」グイッムニッ

八幡「」

八幡(……酒って恐ろしいんだな)

八幡(俺は決して酔いつぶれないようにしよう)
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 20:41:42 ID:zFcr5y+g0
平塚「で、どっちだって?」←後頭部に

八幡「……」

八幡(これ、こいつらの酔いが覚めたら俺は死ぬんじゃないだろうか……)

雪ノ下「どちらなの」

由比ヶ浜「ヒッキーってば!」

八幡「……」

八幡「……俺は」

八幡「>>93のほうだな」

>>93のコンマ以下が奇数なら大きい、偶数なら小さい
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 20:42:17 ID:PHaQ00cY0
ほい
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 21:10:19 ID:zFcr5y+g0
八幡「大きすぎない方だな」

由比ヶ浜「え……」

雪ノ下「比企谷君……」

平塚「その年にしては珍しいやつだな君は」

雪ノ下「ふふふ、信じていたわ、あなたのこと」

八幡「お前から俺のことを信じてるなんて言葉が聞けるとは思わなかったよ」

八幡「しかも、こんなくだらないことで」

雪ノ下「そうでしょうとも。やはり、無駄な巨乳よりも、慎ましやかな美乳ということね、ふふ」

八幡「聞いてねえ……」

由比ヶ浜「ぐぬぬ」

平塚「うんうん」ポンポン

雪ノ下「さ、由比ヶ浜さんのターンは終わったわ。次の比企谷君の主人を決めましょう」

だーれだ>>117
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 21:11:17 ID:Wp10+i+00
静ちゃん!
128: 三人以外は安価下で 2013/10/29 21:15:35 ID:zFcr5y+g0
平塚「私だな」

八幡「げ」

平塚「なんだその反応は?ん?」

八幡「いえ……」

八幡(まあ、この人は酔ってるわけじゃないし、それほどひどいことは)

平塚「よし、私とヴァージンロードを歩んでくれ」

八幡「ブホォ」

雪ノ下「却下です!」

由比ヶ浜「そうだよ!絶対だめだよ!!」
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 21:33:03 ID:zFcr5y+g0
平塚「ちっ、じゃあ、隣に座って腕を組ませてくれるだけでいい」

平塚「少し気分を味わうくらいいいだろ」

由比ヶ浜「それなら……」

雪ノ下「まあ、いいでしょう」

平塚(よし。くくく、何が大きすぎない方がいいだ。本物に触れれば男子高校生が性欲に勝てるわけがない)

八幡(教師とは思えない悪そうな顔してるよこの人)

雪ノ下「ただし、時間制限を設けさせていただきます」

平塚「なに?」

雪ノ下「当然でしょう。そうですね。一分もあれば十分でしょう」
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/29 21:42:55 ID:zFcr5y+g0
平塚「……わかった。それで十分だ。こい、比企谷」

八幡「はいはい」

平塚「ふふふ、いくぞ」ムギュ

八幡「おぅ」

平塚「ふふふ、比企谷ぁ」グリグリ

八幡「……あんた、ほんとは酔ってるんじゃ」

平塚「いやぁ、そんなことはないぞ。ほら」プハァ

八幡「……タバコ臭い」

平塚「ふん。女に臭いとかいうやつはこうだ」コシコシ

八幡「……」

八幡(ああああ。おおおおちつけええええええ)
255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 05:50:44 ID:G8YTwx8C0
平塚「どうだ?ほれほれ」

八幡「……くっ」

雪ノ下「……」イライラ

由比ヶ浜「……えい」ギュッ

八幡「は?」

平塚「あ、おい、由比ヶ浜。反則だぞ。今は私の」

由比ヶ浜「さっきあたしの時だって、先生もゆきのんも邪魔してたし!」

由比ヶ浜「ね、いいよね?ヒッキー」グイグイ

八幡「」

雪ノ下「そういうことなら、私もって、腕は塞がってるわね……」

平塚「先程の私みたいに、後ろから押し当ててみたらどうだ?」

平塚「まあ、枕には少々固いかもしれんが、この比企谷は大きくないほうが好きらしいからな」フフン

雪ノ下「そうですね……では私は」

雪ノ下「前からいかせていただきます」ギュッ
259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 05:57:45 ID:G8YTwx8C0
八幡「」

雪ノ下「座った相手にこの体勢はきついわね……んっ」

平塚「おい、お前それ……対面z」

雪ノ下「なにか?」

由比ヶ浜「ゆきのんそれえっちすぎだよ!」

雪ノ下「この場所が悔しいのなら、由比ヶ浜さんもすればいいでしょう」

雪ノ下「私は退く気はないけれど」ギュー

平塚「く、若さなんかに負けるかぁ!」

由比ヶ浜「あたしだって」グイグイ

八幡(ああ……)

八幡(俺、死んだんだな。ここは天国か)
平塚「って、いつのまにか一分すぎてる。お前ら離れろ」
261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 06:01:49 ID:G8YTwx8C0
平塚「ほら雪ノ下。お前が時間制限をもうけたんだ。退け」

雪ノ下「わかりました……ちっ」

由比ヶ浜「ゆきのん、なんか怖い……」

八幡「」

平塚「おーい、生きてるか比企谷」ペシペシ

八幡「あ、はい」

雪ノ下「比企谷君」

八幡「な、なんでしょうか」

雪ノ下「今のは誰が一番良かったか感想を聞かせて欲しいのだけど」

八幡「え」

平塚「いいな。私も聞きたい」

由比ヶ浜「どうなの、ヒッキー」

八幡「……みんな良かったっすってのは」

雪ノ下「許されるわけないでしょう」
262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 06:04:49 ID:G8YTwx8C0
八幡(さっきからなんなんだこいつら……酔ってるにしても)

八幡(いや、約一名一滴も酒飲んでいないはずだが)

八幡(どう答えれば……)

雪ノ下「早くして」

八幡「……>>264、ということで」
264: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/10/30 06:07:08 ID:0igKZ6/H0
雪の下とやりたいくらい気持ちよかった
266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 06:13:06 ID:G8YTwx8C0
八幡「……雪ノ下とやりたいくらい気持ちよかった、ということで」

雪ノ下「……本心で言ってるのかしら?」

由比ヶ浜「ヒッキー、本気!?」

平塚「わ、私だって負けていなかっただろうが!」

八幡「いや、もう覚えてるのは顔面の雪ノ下の感触だけなんで」

平塚「大きさで勝っても、インパクトで負けたか……」

雪ノ下「ふふふ、そう……私と……ふふふ」

由比ヶ浜「むー……」

平塚「ならもう一回だ!先程から雪ノ下ばかり一人勝ちなど許せん!次は勝つ!」

八幡「まだやんの……」

平塚「ああ、まだ二人とも酔いはさめてないよな?」

雪ノ下「ええ。当然です」

由比ヶ浜「あー、なんか頭がくらくらするなー」
268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 06:24:11 ID:G8YTwx8C0
八幡「酒抜けるまで寝てたらどうだ」

雪ノ下「比企谷君がそういうなら……一緒に寝ることで聞いてあげてもいいけど」

八幡「なぜそうなる」

雪ノ下「あなた、さっき言っていたでしょう」

雪ノ下「私としたいって」

八幡「雪ノ下がこんなに下ネタに積極的なとこ初めて見たわ」

雪ノ下「あなたがこんな私にしたくせに……」

由比ヶ浜「ひ、ヒッキー、あたしも……いいよ?」

八幡「お前もいつになく積極的だな……」

由比ヶ浜「だって、負けたくないもん!」

平塚「よし、じゃあこうしよう」

平塚「次のあみだくじで当たりを引いたやつだけが比企谷と寝る。引けなかったやつは邪魔は一切しない。いいな」

雪ノ下「わかりました。それでいきましょう」

由比ヶ浜「絶対、当たりを引いてみせる!」

だーれだ>>272
272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 06:25:22 ID:NUpEvomBO
雪ノ下一択
280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 06:43:25 ID:G8YTwx8C0
雪ノ下「私ね」

平塚「ちっ」

由比ヶ浜「はぁ……」

八幡「雪ノ下か……」

雪ノ下「私では嫌なのかしら。さっきあれだけのことを言って私をその気にさせたくせに」

八幡「その言い方だと俺が女たらしみたいだからやめて欲しい」

雪ノ下「今のあなたは立派な女たらしよ」ギュッ

平塚「おい、早速始めようとするな」

平塚「あと、一応言っておくが、本当に寝るだけだぞ?」

平塚「ここは校内だと忘れるなよ?」

雪ノ下「……では私の部屋に」

由比ヶ浜「それはダメだよ!」

雪ノ下「でも、寝ようにもここには布団もないのだけれど」

平塚「宿直室辺りから借りてこよう。待ってろ」
282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 06:49:31 ID:G8YTwx8C0
平塚「じゃあ、お前らはここで寝てろ」

平塚「あと、人が来ないように張り紙をしておく、念のため鍵もかけろよ」

平塚「由比ヶ浜。お前は私と一緒に保健室だ」

由比ヶ浜「見張らないんですか!?」

平塚「邪魔をしないという約束だ。それに、比企谷なら、まあ大したことはできないだろ」

八幡「すごい信頼されてるんすね、俺」

平塚「そういったことに対しては折紙付きのヘタレだからな、君は」

平塚「あー、あと当然だが、酒を飲んだとかは絶対にいうなよ」

平塚「停学や退学、部活の活動停止に廃部、さらには私の信用問題になるからな」

平塚「じゃ、一応、帰るまでには様子を見に来るからな」
286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 07:11:49 ID:G8YTwx8C0
八幡(あっという間に二人きりにされたが)

雪ノ下「……」

八幡(マジで寝んのか)

雪ノ下「さ、寝ましょう?」

八幡「……一人で」

雪ノ下「それではあみだくじをした意味がないでしょう。早くして」

八幡(仕方ない……)

八幡(こいつ、酔いが覚めて俺がとなりで寝てたら、どんな反応するんだろうか)

八幡「……」

雪ノ下「比企谷君」

八幡「なんだ」

雪ノ下「あなたと同じ布団で寝るなんて、変な気分ね。でも、悪い気はしないわ、ふふふ」

八幡(……かわいい)
298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 08:07:06 ID:G8YTwx8C0
雪ノ下「……」モゾモゾ

八幡「なんで寄ってくるんですかね」

雪ノ下「あなたが離れているからでしょう」

雪ノ下「こうなってしまったのだから、おとなしく私の抱き枕になりなさい」

八幡「……酔いが覚めて全部忘れたとか言うなよ」

雪ノ下「さあ、それは保証できないわ」

雪ノ下「でも、きっと大丈夫だから、安心して私に抱かれなさい」

八幡「もう好きにしてくれ」

雪ノ下「ふふふ、そうね。私は今、あなたの主人だもの。そうさせていただくわ」
299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 08:11:04 ID:G8YTwx8C0
八幡「……」

雪ノ下「比企谷君……私、今日はすごく楽しかった。あなたと、こんな風に接することができて」

八幡「酔ってハイになってるだけだろ」

雪ノ下「そうかしら。それだけはないと思うの」

八幡「……」

雪ノ下「ねえ、比企谷君……」

八幡「なんだ」

雪ノ下「キス、してみない?」

八幡「は?」

雪ノ下「ねえ、いいでしょう?ああ、そうね、あなたは逆らえないのだから、好きにしていいのよね」ズリズリ

八幡「さ、さっきしただろ。口移しのとき」

雪ノ下「あんなのは、キスのうちに入らないわ」ズリズリ

八幡「おい、乗るな。どいてくれ」

雪ノ下「重いなんて言ったら、承知しないわよ」
300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 08:16:48 ID:G8YTwx8C0
雪ノ下「……暖かいわね、比企谷君でも」

八幡「冷たかったら俺はゾンビだろ。紫陽花なんて食わないぞ俺は」

雪ノ下「ふぁ……こうしてると、安心するわ……」

雪ノ下「ねえ、比企谷君……」

雪ノ下「たしかに、気分は高揚しているけれど……」

雪ノ下「それだけで、私はこんなこと……しないわ……」

雪ノ下「私は……あなたが……」

雪ノ下「……」

八幡「雪ノ下……?やっと寝たか」

八幡「……これじゃあ抜け出せないな。起きるまで、このままか」
雪ノ下「ううん……」

雪ノ下「え……」

八幡「……」

雪ノ下「比企谷君……いっつ……頭が……ああ、そういえば、私はお酒を飲んで……」
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 08:20:00 ID:G8YTwx8C0
雪ノ下「我ながら、恐ろしい酒乱ね……」

八幡「……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「そういえば……まだ」

雪ノ下「ふふふ、寝てしまったあなたが悪いのよ」
平塚「おい、起きろ、比企谷」

八幡「っつ、ちょっと、叩かないでくださいよ」

平塚「帰る時間だから起こしてやったんだろうか」

八幡「俺も寝たのか……二人は」

由比ヶ浜「や、やっはろぉ……」モジモジ

雪ノ下「……」

八幡「覚えてるのか」

由比ヶ浜「ああああれは忘れて!!」

雪ノ下「……」
306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 08:27:14 ID:G8YTwx8C0
雪ノ下「帰ります」

八幡「雪ノ下……」

雪ノ下「なにかしら。ああそうそう。私が酔っぱらってあなたに大分迷惑をかけたようだけれど」

雪ノ下「所詮は酔った人間の戯言なのだから、あまり気にしないように」

雪ノ下「あれで勘違いでもして、彼氏面なんてされたくないもの」

八幡「ですよね……」

平塚「残念だったな。比企谷。そうだ、今度私の飲みに付き合え。慰めてやろう」

八幡「それあんたが一方的に飲むのに付き合えってことだろ。嫌っす」

雪ノ下「とにかく、私は帰ります」

由比ヶ浜「じゃ、じゃあね、ヒッキー」
八幡「まぁ、酔いが覚めればこんなもんか」

八幡「にしても、雪ノ下と一緒に寝たせいか、変な夢見たな」

八幡「あいつに、キスされる夢なんて」
おわり
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 08:29:29 ID:cHbgbijPi
やったー!ゆきのん大勝利!!乙ー
319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 09:01:23 ID:SDP4iOM00
素晴らしい!乙
355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 14:07:05 ID:9sLyAqQa0
八幡「ということが学生の時あったから、二十歳になったとはいえ、お前は酒を飲むな」

雪ノ下「はぁ、そんな過去のことをぐちぐちと。そんなだから、後ろ向きだと人から言われるのよ」

八幡「経験から学べと言ってるんだ」

雪ノ下「大丈夫よ。私だってもう成人したのだし」

八幡「それは全く根拠のない自信だと思うんだが」

雪ノ下「だいたい、二人きりで飲むのだから、あの時のように行動がエスカレートするような要因はないのだし」

雪ノ下「たとえエスカレートしても、今は別にかまわないでしょう?」

八幡「……じゃあ、俺が本気で止めろと言った時は絶対止めろ。これが約束できるなら、ちょっとくらいなら許してもいい」

雪ノ下「わかったわ、いいわよ」
363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 14:15:17 ID:9sLyAqQa0
八幡「……」チビチビ

八幡「なんか、あんま美味くないな酒って」

雪ノ下「そうね」コク

八幡「つまみ何買ってきたんだっけ」ゴソゴソ

雪ノ下「自分で見ればいいでしょう」コク

八幡「それにしても、気づいたら二十歳だよ。時の流れって怖いよな」

雪ノ下「そうね」コク

八幡「……雪ノ下さん、もう一本お空けになられたんですか?」

雪ノ下「そうね」コクコク

八幡「ストップ。はい終わり。これにて終了です」
364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 14:24:28 ID:9sLyAqQa0
雪ノ下「いやぁ、もっとのむぅ」

八幡「おい、明らかに酔ってるだろそれ」

雪ノ下「……コホン、そんなことないわよ」

八幡「顔と耳真っ赤だぞお前」

雪ノ下「いいじゃない!酔うために飲むものでしょー!」

雪ノ下「ねえ、楽しく飲みましょーよー、えへへ」

八幡「いつもの鋼鉄の外面はどうした。キャラが崩壊してるぞ」

雪ノ下「だってー、楽しいんだもーん、うふふふ」

八幡「とにかくダメだ。俺がダメって言ったら止める約束だろ」
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 14:33:03 ID:9sLyAqQa0
雪ノ下「じゃあ……交換条件にしましょう」

八幡「は?」

雪ノ下「私はあなたのことを好きって言うから、あなたは私にお酒を飲ませて」

八幡「いや、なんだその条件」

雪ノ下「はちまん……大好き」

八幡「うっ」

八幡(普段の雪ノ下なら絶対言わないであろう、大好きに上目使いだと……!?)

雪ノ下「ふふふ、どうだったかしら、今のは」

八幡「……コップを出せ」

雪ノ下「やった!はいっ」

八幡「今のはこんくらいだな」

雪ノ下「じゃあ次は……」コクコク

八幡(ああ、流されてる……でもそれを楽しんでいる俺がいる……)

八幡(俺も酔ってるんだなこれ……)
368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 14:38:23 ID:9sLyAqQa0
八幡「なあ、雪ノ下。先に言っておくぞ」

八幡「俺も酔ってる。このままだと止められそうにない」

八幡「それで続けて、一番後悔するのは絶対お前だ」

雪ノ下「そうね。そうかもしれないわ……でも」

雪ノ下「今が楽しければそれでいいんじゃないかしら、あははは」

八幡「うわ、普段なら絶対言わないであろう意見」

八幡「いいだろ、俺もとことん付き合うぜ、雪ノ下」

雪ノ下「……こんな場合だから言わせて欲しいのだけど」

八幡「なんだ」

雪ノ下「いい加減雪乃って読んで欲しいのだけど!付き合ってるのに名字だなんて寂しいでしょ!!」

八幡「おう、ぶっちゃけたな早速」
371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 14:49:21 ID:9sLyAqQa0
八幡「でもお前だって比企谷君って呼んでるだろ」

雪ノ下「こちらからいきなり名前呼びにしたら、催促してるみたいで恥ずかしいじゃない」

雪ノ下「でも今日は言うわ。名前で呼んで、八幡」

八幡「ああ……ゆ、雪乃」

雪ノ下「さっき私は、さらに大好きとも言ったのだけど?」

八幡「……雪乃、大好きだ」

雪ノ下「えへへ」ニヤニヤ

雪ノ下「あなたがそんなことを言うようになるなんて、本当、私は頑張ったわよね」

八幡「酒の力でもあるがな」

雪ノ下「頑張った私の頭を、撫でてもいいわよ?」

八幡「はいはい」ナデナデ
373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 15:07:54 ID:YzdLNwpT0
何この可愛い生物
374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 15:09:36 ID:9sLyAqQa0
八幡「じゃあ、言えたいことも言えたわけだし、酒はもう」

雪ノ下「八幡好きよ……ねえ私、もっと酔いたい気分なのだけど……」シナッ

八幡「……コップを出せ」

雪ノ下「はい」

八幡「……」コプコプコプ

雪ノ下「……」コクコク

雪ノ下「ふぅ、なんだか暑くなってきたわね」スルッ

八幡「……」

雪ノ下「なぁに?そんな凝視して」

八幡「いや、だらしない雪乃もエロいなって」

雪ノ下「八幡……あなたも大分酔ってきてるみたいね。発言が気持ち悪いわ」
376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 15:21:53 ID:9sLyAqQa0
八幡「さっきまで大好きとか言ってた口で気持ち悪いとか言うなよ。へこむだろ」

雪ノ下「もう、今のはただの照れ隠しでしょう。そのくらい察して欲しいのだけど。あなたは私の彼氏なのだから」

八幡「お前の照れ隠しは毎度凶悪なんだよ。本気でへこんで枕を涙で濡らすこともあるんだぞ」

雪ノ下「じゃああなたは、普段から好き好き大好きと擦り寄ってくる女性の方がいいのかしら」

八幡「それは俺の精神がもたないから無理だな。逃げ一択だわ」

雪ノ下「でしょう。でもそれは私も無理ね。恥ずかしさで死ぬかもしれないし」

雪ノ下「まあ、今はいくらでも言えるけれど」

雪ノ下「ふふふ、八幡、大好き大好き大好き。あはは、かーんたん」
378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 15:32:58 ID:9sLyAqQa0
雪ノ下「それで、どうかしら、今のは」

八幡「あまり言葉に重さを感じなかったから、こんくらいで」

雪ノ下「そう……じゃあ」

雪ノ下「八幡……」ギュッ

八幡「お、おう」

雪ノ下「大好き……」チュッ

雪ノ下「大好き……」チュッ

雪ノ下「大好き……」チュッ

雪ノ下「私には、あなたしかいないの……ずっと、一緒にいて……」

八幡「ほら、コップだせ、早く」

雪ノ下「はい、どうぞ」
386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 15:55:54 ID:9sLyAqQa0
雪ノ下「はぁー、今私、すごく幸せよ」

八幡「そうか。結構なことだな」

雪ノ下「お酒を飲んでいるからだけではないわ……私は」

雪ノ下「八幡、あなたに酔っているの……あなたに酔わされて、溺れているのよ……」

八幡「……」ムラッ

八幡「お前、すげえ恥ずかしいこと言ったって自覚あるか」

雪ノ下「恥ずかしいなんて、今は関係ないわ……ねえ、八幡」

雪ノ下「あなたの膝の上に座りたいのだけど」

八幡「は、はぁ?」

雪ノ下「失礼するわ」

八幡「ちょ、まっ」

雪ノ下「ふぅ……ねえ、抱き締めて?」
393: >>387 俺もです!/(^o^;)\ 2013/10/30 16:15:08 ID:9sLyAqQa0
八幡「それって、俗に言うあすなろ抱きじゃ」

雪ノ下「早くして」グイグイ

八幡「わかった。わかったから、もぞもぞしないでくれ……やばいから」

八幡(だが……くそ)

八幡「……」スッ

雪ノ下「ちょっと、それは私の」

八幡「素面で今のお前の相手できるか」グイッ

八幡「ふぅー」

八幡「ほら。これでいいのか」

雪ノ下「ええ、いいわよ」

八幡「……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「……ねえ、比企谷君。私、本当にあなたのことが好きなの。私は、今、すごくどきどきしているわ」

雪ノ下「これは、お酒の力なんかではない、私の本心よ」

雪ノ下「比企谷君は……?」
399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 16:28:40 ID:9sLyAqQa0
八幡「好きに決まってんだろ。言わせんな恥ずかしい」

雪ノ下「そう……よかった……うぅ」

八幡「お、おい、泣くんじゃない。膝の上で泣かれるとかイレギュラーすぎて俺のへたれが露呈するだろ」

雪ノ下「あなたがいけないのよ。普段、朴念仁すぎて、好きかどうかなんて、微塵も感じさせないんだもの」

八幡「悪かった」

雪ノ下「聞いたところで、どうせはぐらかすでしょうし、私だって、恥ずかしくてそんなこと聞けるわけないじゃない」

八幡「そうだな。俺が悪かった」

雪ノ下「信じて欲しいなら、もっと強く抱き締めて」

八幡「わかったから」ギュッ

雪ノ下「……あなた、とりあえず同意しとけなんて、思っているのではないでしょうね?」
400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 16:34:06 ID:9sLyAqQa0
八幡「思ってないです、はい」

雪ノ下「あやしいけれど……まあ、信じてあげるわ」

雪ノ下「ところで……今の私の告白は、コップ何杯分くらいかしら」

八幡「おい。真剣じゃなかったのか」

雪ノ下「それはそれとして、よ」

八幡「……そうだな」スッ

八幡「……」
402: 俺も死にたくなってきた 2013/10/30 16:35:10 ID:9sLyAqQa0
雪ノ下「比企谷君?」

八幡(……俺も相当酔ってるな)

八幡「……」グイッ

雪ノ下「え?ちょっと」

八幡「……」クイッ

雪ノ下「きゃ」

八幡「……」チュッ

雪ノ下「んっ!?」

八幡「……」チュルッ

雪ノ下「……」コクコク

八幡「……ふぅ。こんくらいだ」

雪ノ下「……ばか」
404: 俺も死にたくなってきた 2013/10/30 16:38:46 ID:9sLyAqQa0
八幡「ゆきのs……雪乃」

雪ノ下「……」

八幡「好きだ……」ドサッ

雪ノ下「ん……わ、私も」

雪ノ下「好きよ……八幡」

八幡「雪乃っ、雪乃っ」

雪ノ下「きて……はちまん」

チュンチュンチュン
406: 俺も死にたくなってきた 2013/10/30 16:41:55 ID:9sLyAqQa0
八幡「う……つっ、頭いてぇ」

雪ノ下「……おはよう、八幡」

八幡「よう……大分辛そうだな」

雪ノ下「ええ、お陰さまで……二つの意味で頭がいたいわ」

八幡「……かわいかったぞ。雪乃」

雪ノ下「おねがいだから、今はやめて……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「やはり、私はお酒を飲むのはやめたほうがいいのもしれないわね」

八幡「……いや」

八幡「酒を飲んだ雪乃はかわいいから、二人きりならいいだろ」
おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする