【雪乃・結衣】小町「お兄ちゃーん小町は今日暇なのでーす」八幡「で?」SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/01(月) 21:50:51.05 ID:VE9ylPs30

小町「折角の休日だし小町はお兄ちゃんと一緒にデートに行きたいなーなんて思っているのです」

八幡「兄妹なんだからデートじゃないだろ」

八幡「てかさ、お前最近ずっと家にいるよな。友達と何処かに遊びに行くとかしねーの?」

小町「えー、お兄ちゃんがそれ言う?」

小町「お兄ちゃんだって休日は家でゴロゴロしてるだけじゃん」

小町「それに小町は遊びに行かないんじゃなくて、お兄ちゃんと一緒に過ごしたいから予定を入れてないだけだし。あ、今の小町的にポイント高い」

八幡「あーそうですか。でも残念ながら俺は今日部活があるからはまた今度な」

小町「ムゥ……お兄ちゃんのバカ!!」

みたいなのが見たいです
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします – 2013/07/02(火) 02:40:31.01 ID:ALEI5JDK0

はまちSS多いなぁ
なんて俺得
40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 11:20:23.72 ID:uhHukIjf0
小町(はぁ・・・最近いつもこんな感じ・・・)
小町(お兄ちゃん・・・変わっちゃったな・・・)
小町(なんだろうこの気持ち・・・)
小町(・・・)
42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 11:43:45.77 ID:uhHukIjf0
翌日
小町「さて、問題です。今日は何曜日でしょう」
八幡「・・・日曜日だろ」
小町「正解!大正解!賞品はなんと・・・小町と1日お出かけできる券です!」
八幡「はぁ・・・じゃあお前1日一人でお出かけしてこいよ」
小町「残念お兄ちゃん、この券はペアでないと使えないのです」
八幡「そうか、残念だな小町。またこんどな」
小町「残念なのはお兄ちゃんです。この件の有効期限は今日までなのです」
八幡「ひっでーな・・・」
小町「ということでお兄ちゃんさっさと準備すませてね♪」
八幡「まじかよ・・・」
44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 12:08:21.09 ID:uhHukIjf0

小町「♪~」
八幡「小町、楽しそうだな」
小町「そうだよお兄ちゃん。小町はいまとてもうれしいのです」
八幡「お、おう・・・」
小町「にひ~♪」ダキ
八幡「お!おい小町!」
???「ん?ヒッキー?」
50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 12:27:25.45 ID:uhHukIjf0
八幡「ん?」
結衣「やっぱヒッキーじゃん!おーい!」
小町「結衣さん・・・」
結衣「やっはろー!ヒッキー!小町ちゃん!」
八幡「由比ヶ浜、何してんだお前」
小町「や、やっはろー結衣さん」
結衣「私は普通に買い物だけど、ヒッキーと小町ちゃんは?」
小町「兄とデートです」
結衣「で、でーと!?」
八幡「こら何言ってんだお前。気にするな由比ヶ浜、兄妹だからデートではないお出かけだ」
小町「ムゥ」
結衣「だはは・・・」
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 12:39:30.03 ID:uhHukIjf0
小町「それでは結衣さん小町たちはこれで」
八幡「ああ、そうだな。由比ヶ浜それじゃまた明日学校でな」
結衣「え、あ、待ってヒッキー!」
八幡「ん?」
小町「なんですか結衣さん?」
結衣「いやー・・・私も買い物って言ったけ特にこれといって欲しいものがあるってわけじゃない感じでー・・・」
八幡「はぁ」
結衣「ヒッキーと小町ちゃんが良ければだけど・・・一緒にどうかなぁなんて・・・?」
58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 12:55:08.08 ID:uhHukIjf0
小町「え、いや、それは小町的に」八幡「いいんじゃないか」
小町「え」
結衣「え!?いいの?」
八幡「その方が小町も楽しいだろうし。な、小町?」
小町「え、それは・・・」
結衣「ありがとうヒッキー!小町ちゃん!それじゃどこいこっか?♪」
八幡「そうだな、ここは三手に別れて手分けして」
結衣「そうじゃないでしょ!」
小町「・・・あの小町ちょっと欲しいもの思い出しちゃったかなーって」
結衣「あ、じゃあ小町ちゃんの買い物いこっか」
小町「いや~小町の行きたいところちょっと遠いというか~三人で行くほどじゃないっていうか~」
八幡「そうか、頑張れよ小町」
結衣「ちょ!ヒッキーひどい!」
小町「あ、いいんです結衣さん!それじゃ小町行くんで。それと帰りも私一人でいいんで・・・それじゃお兄ちゃん!結衣さん!」ダ
結衣「あ、小町ちゃん!」
62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 13:08:33.02 ID:OLLyEPAi0
小町・・・(´・ω・`)ショボーン
64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 13:16:49.00 ID:uhHukIjf0
小町(これで・・・いいんだよね・・・)
小町(お兄ちゃんの・・・バカ・・・・)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
八幡「ただいま~」
小町「おかえりお兄ちゃん・・・結衣さんとのデートは楽しかった?」
八幡「よくわからんペットショップ連れ回されるのがデートって言うのか」
小町「良かったじゃん・・・結衣さん楽しそうだったし・・・」
八幡「小町、なんかお前元気ないな。それにあんなに俺と出掛けたがってたのに一人でどこ行ってたんだよ」
小町「え!いや!こ、小町はこうなることを予見してたというか意気地無しのお兄ちゃんのために一肌脱いだ的な・・・」
八幡「はいはいポイント高い高い。それじゃ俺もう飯食ってきたし風呂入って寝るわ」
小町「え・・・あ・・・うん・・・おやすみ・・・」
69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 13:30:56.48 ID:uhHukIjf0
小町(本当は小町と二人でデートだったのに・・・)
小町(奉仕部っに入ってからお兄ちゃん変わっちゃったな・・・)
小町(帰りだって小町より遅いし・・・)
小町(せっかく作ったご飯も食べない日多いし・・・)
小町(お兄ちゃんのために作ってるのに・・・)
小町(さびしいよ・・・)
73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 13:52:50.11 ID:uhHukIjf0
翌日
小町「今日はどこで時間つぶそうかな・・・ん?あれはお兄ちゃん?と・・・」
八幡「ったく、なんで俺が由比ヶ浜に勉強教えなきゃならんのだ」
結衣「ヒッキー昨日約束したじゃん!現国教えてくれるって!」
雪乃「由比ヶ浜さん、別にこの男は必要ないんじゃないかしら。現国なら私の方が成績上位なのだし」
結衣「いやぁここはみんなでやった方が楽しいかなって」
八幡「ったくしょうがねーな。報酬は弾んでもらうぞ」
雪乃「すぐなんでもたかるような人間は屑ね・・・」
結衣「まーまーゆきのんこれはお礼だから!ゆきのんにもなんか奢るから!」
雪乃「私は別にそういう目的であなたに協力してるわけじゃないのだけれど・・・」
小町(結衣さんに雪乃さんだ・・・楽しそうに話してる・・・)
小町(こういうところでいっつも遅くまでいてご飯も食べてくるんだね・・・)
小町(小町も・・・一緒に・・・)
75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 13:57:59.19 ID:OLLyEPAi0
小町かわいそす(´Д⊂
78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 14:13:15.32 ID:uhHukIjf0
八幡「ん?小町?」
小町(あ、やば)
結衣「え、小町ちゃん?どこ?」
八幡「おーい。小町ー!」
小町(あ、ど、どうしよう・・・)
雪乃「こんにちは小町さん、あなたも一緒にどう?」
小町「え、いや・・・」
結衣「やっはろー小町ちゃん!」
小町「あ、やっはろーです・・・結衣さん、雪乃さん・・・」
八幡「まぁ座れよ小町。お前も勉強教えてもらえ。あと今日は由比ヶ浜の奢りだ」
結衣「ちょっとヒッキーも勉強教えるんだよ!」
小町「今日は勉強会ですか?」
雪ノ下「そうね、由比ヶ浜さんの成績があまりに芳しくないのでね。遺憾ながらあなたのお兄さんにも協力してもらっているわ」
八幡「遺憾ってなんだよ。お前は政府かよ」
結衣「まぁまぁ小町ちゃんも来たんだしヒッキーもゆきのんも楽しくやろうよ」
81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 14:41:03.12 ID:uhHukIjf0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
結衣「ところでヒッキーと小町ちゃんってすっごく仲良いよね?」
小町「え、そう見えちゃいます?」
結衣「うんうん見える見える。昨日だってヒッキーと二人でお出かけしてたし。あ、でもなんかごめんね・・・」
小町「いえいえい気にしないでください結衣さん。意気地なしのお兄ちゃんのために一肌脱いだだけですから」
結衣「そんな小町ちゃんたらそんな一肌脱いだだなんてもうそんな気使わなくていいのにー」
八幡「そうだぞ小町。こんな奴に気を使う必要はない。最初から全員一人で周ればよかったんだ」
結衣「ちょ!ヒッキーそれはひどい!」
雪乃「でもこの男と小町さんを一緒にいさせるのも確かに危ないわね」
八幡「どういう意味だよ雪ノ下」
雪乃「あらわからないの?そうよね、真性のシスコンだものね」
八幡「ああ俺はシスコンだ。だがお前の思っているような犯罪者モドキのシスコンとは違う。特に愛情の質が違う」
小町(ドキ)
結衣「ヒッキーキモ・・・」
雪乃「比企谷君、私は部員から犯罪者を出したくないわ」
83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 15:10:26.76 ID:uhHukIjf0
八幡「なんとでも言え。この愛は不変である」
結衣「なんか明言ぽくなってるし・・・」
雪乃「由比ヶ浜さん、明言っていうのは偉人が言うから明言というのよ。彼が言ってもただの戯言に過ぎないわ」
八幡「ぐぬぬ・・・」
結衣「小町ちゃん大変だね・・・」
雪乃「小町さん、あなた早く独り立ちしたほうがいいわ。私そのための協力なら惜しまないつもりよ」
八幡「お前らひでえな・・・」
小町「ははは・・・ですけどこんなお兄ちゃんでも私がいないと生きていけないですし、私もお兄ちゃんがいないと、今の小町的にポイn」
雪乃「駄目よ小町さん。あなたのよう優秀な人がこんなゲスな男と一緒にいたら駄目になってしまうわ」
結衣「そうそう小町ちゃんはいいお嫁さんになれそうだし」
八幡「おい、俺が小町をそう簡単に嫁に出すわけがないだろ」
雪乃「またそんなことを言って・・・自分がどれだけ気持ち悪いか分かっているのかしら」
結衣「ヒッキーお父さんみたい・・・」
小町「・・・」
87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 15:32:04.42 ID:uhHukIjf0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
結衣「それじゃまた明日ねヒッキー、小町ちゃん!」
雪乃「それじゃさよなら比企谷君、小町さん」
八幡「おう、じゃあな」
小町「・・・さようなら」
八幡「さぁて俺たちもさっさと帰るか」
小町「・・・ねえお兄ちゃん」
八幡「ん?なんだ?何も奢らないぞ?」
小町「いや・・・なんでもない。帰ろっかおにーちゃん」
八幡「ん?ああ」
89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 15:55:10.03 ID:uhHukIjf0
小町(結衣さんと雪乃さんがお兄ちゃんに色々言ってる時すごくイラっときた・・・)
小町(二人とも良い人だしお兄ちゃんのこと本気で責めてるわけじゃないって分かってるのに・・・)
小町(なのに・・・なんで・・・)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピロリン♪~ピロリン♪~
小町「結衣さん?なんだろう」ピ
結衣「あ、やっはろー小町ちゃん!今電話大丈夫?」
小町「・・・こんにちは結衣さん。大丈夫ですよ」
結衣「この間は勉強どうもね!・・でね小町ちゃん実はね・・・ちょっと相談したいことがあって・・・」
小町「相談ですか?」
結衣「電話じゃあれだからこれから会えないかな?この間勉強したとこで」
小町「・・・わかりましたすぐ行きます」
結衣「ありがとー小町ちゃん!私もすぐ行くから!それじゃ!」プチ
小町「相談・・・なんだろう・・・」
92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 16:17:26.72 ID:uhHukIjf0
小町(先に店についてしまった・・・)
結衣「あ、小町ちゃんやっはろー!まった?」
小町「あ、こんにちは結衣さん。小町も今着いたところです」
結衣「そか。じゃあとりあえず飲み物を買ってと・・・あ小町ちゃんの分も私が出すね」
小町「え、いやそんなおかまいなく」
結衣「いやいや小町ちゃんには色々お世話になったしこれくらいはね?」
小町「は、はぁ・・・」
結衣「でねーあれがこーでねーそれでねー」
小町「はぁ・・・そうですか・・・あの、結衣さん相談って言うのは・・・」
結衣「あ!ごめんごめん。あの、このことは秘密にしておいてほしいんだけど・・・」
小町「・・・それでなんなんですか?」
結衣「あのね・・・小町ちゃんにこんな相談するのもあれなんだけど・・。私ね・・・」
小町(イラ)
結衣「実は・・・私ヒッキーに・・・こ、告白しようと思ってるんだ・・・」
小町(!!)
99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 16:36:46.06 ID:uhHukIjf0
小町「え・・・こ、告白?ですか」
結衣「うん・・・///」
小町「うちの兄に?」
結衣「ヒッキーに・・・///」
小町「ぶしつけながら聞きますけどうちの兄のどこに惚れたんでしょうか・・・」
結衣「そ、それは・・・サブレのこと助けてくれたし・・・私の悩み事解決してくれたし・・・と、とにかく優しいし・・・///」
小町「・・・」
結衣「小町ちゃんも私の気持ち分かってたんだよね?だからこの間だって私たち置いて帰ったし、花火大会のときだって色々気使ってくれたし・・・」
小町「そ・・・それは・・・」
小町(それはただ・・・空気を読んだだけ・・・兄妹として・・・)
結衣「だからお願い!小町ちゃん!私に協力して!」
小町「協力・・・」
小町(お兄ちゃんと結衣さん、雪乃さんがそういう関係になるかも・・・というのは全く考えなかったわけじゃない・・・)
結衣「小町ちゃん?」
小町(そんなの嫌だ・・・でも兄妹だから・・・兄妹・・・だけど・・・)
100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 16:49:44.99 ID:uhHukIjf0
小町「・・・・わかりました」
結衣「ホント!?」
小町「できるだけのことはしてみます」
結衣「ありがとう小町ちゃん!この恩は絶対忘れないよ!」
小町「いえいえ・・・兄の恋路とならば精一杯協力させていただいちゃいますよ」
結衣「ほんとこんな良い妹がいてヒッキーは羨ましいなぁ」
小町「小町も結衣さんみたいな人に惚れられるお兄ちゃんがうらやましいですよ」
結衣「またまたそんなー///」
小町(本当に羨ましいよお兄ちゃん)
103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 16:51:16.27 ID:B9QCgCrB0
小町通り…
105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 17:08:56.14 ID:uhHukIjf0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
小町「ねえお兄ちゃん、結衣さんのことどう思ってるの?」
八幡「なんだ急に」
小町「いやぁ同じ奉仕部だし最近仲よさげだし小町とっても気になっちゃうかなーって」
八幡「別に仲よかねーだろ。ただのクラスメイトだよ」
小町「ふーん。わざわざ骨折までして犬助けたのに?」
八幡「それは別に由比ヶ浜だから助けたわけじゃねーし。たまたまだよ。たまたま」
小町「お兄ちゃんがそう思ってるならまぁいっか」
八幡「なんなんだよ」
小町「そんなんじゃお兄ちゃんには一生彼女なんてできないってこと」
八幡「俺は小町がいればそれで良いからな」
小町(またそんなこと言って)
小町「・・・おにーちゃん、キモイ」
111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 17:39:37.87 ID:uhHukIjf0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
結衣「それじゃあ小町ちゃん、私行ってくるね!」
小町「結衣さん、ファイトです!」
小町(・・・無理だろうけど)
結衣「ヒッキー!待ったー?」
八幡「ん、今来たとこ」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
八幡「ただいま」
小町「お帰りお兄ちゃん」
八幡「小町すまんが飯はいらないわ」
小町「あ・・・・そう」
小町(どうなったんだろう・・・)
小町(お兄ちゃんに直接聞くわけにもいかないし・・・)
112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 17:55:35.41 ID:uhHukIjf0
プルルルル
結衣「あ、小町ちゃん?私やったよ!」
小町「え、OK貰えたんですか?」
結衣「これも小町ちゃんのおかげだよ!ありがとう小町ちゃん!」
小町「え・・・あ、はいおめでとうございます結衣さん」
小町(おかしい)
結衣「いやぁ私小町ちゃんにお姉さんとか言われちゃうのかなぁ~///」
小町「まだそれは早いんじゃないすかね~・・・」
小町(なんだこの女・・・)
小町「あ、そうだ結衣さん。このことって雪乃さんには話すんですか?」
結衣「あ・・・う~んそのことなんだけど・・・しばらく内緒にしておこうかと思って・・・」
小町「そうですか。じゃ私もつい口が滑らないように気をつけますね」
結衣「ありがとう小町ちゃん!」
小町(口が滑らないようにね・・・)
113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 17:57:37.78 ID:QQCr1qxJO
この小町怖いよ
114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします – :2013/07/02(火) 17:58:21.62 ID:eih97huE0

小町ちゃんが黒い

115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/02(火) 18:02:04.04 ID:VSppseB/P

ヤンデレ小町の覚醒か
118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 18:13:11.94 ID:uhHukIjf0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
小町「こんにちは結衣さん、雪乃さん。今日も勉強会ですか?」
結衣「やっはろー!テストが近いからね!色々教えてもらってるの」
雪乃「こんにちは小町さん」
八幡「おう小町。喜べ今日も由比ヶ浜の奢りだぞ」
結衣「ちょっとヒッキー私そんなこと言ってないし!」
雪乃「何度言わせるの比企谷君。人にすぐたかるのは屑のすることよ」
八幡「ぐ・・・まぁいい今日は俺だ出してやるよ・・・」
結衣「え!?ほんとに?」グイ
雪乃「由比ヶ浜さんだめよ。この男に施しを受けたら何を要求されるか分かったものじゃないわ。」
結衣「え、いや、別にそんな・・・」
雪乃「それに由比ヶ浜さん、最近比企谷君との距離が以前に比べて近くなっているように感じるのだけれど」
結衣・八幡「「!」」
小町(ニヤ)
122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 18:26:11.10 ID:uhHukIjf0
雪乃「正直、その男の鼻の下が伸びた顔を見るのは酷く不愉快だわ」
八幡「だ、誰が鼻の下なんか!」
結衣「わ、私は別にそんな・・・」
雪乃「二人とも何か私に隠し事でもあるのかしら?」
八幡・結衣「「・・・」」
小町「まーまーまーまー御三方とも落ちついて」
雪乃「別に、私は落ちついているわよ」
小町「傍から見たらそう見えませんから雪乃さん」
結衣「そ、そうだよゆきのん落ちついて・・・」
八幡「・・・」
雪乃「・・・」
小町「ふぅ・・・それにしても雪乃さんうちのお兄ちゃんのこと良く見てるんですね」
雪乃「な!・・・べ、別に部活動を通じて思った率直な感想よ。他意なんて無いわ」
小町「そうですか・・・まぁでも二人に何かあるってのは本当かもしれませんねぇ」
125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 18:40:54.45 ID:uhHukIjf0
結衣「小町ちゃん何言って」
雪乃「由比ヶ浜さん。小町さんは今私と話しているの」
結衣「!・・・」
小町(ニヤ)
雪乃「それで小町さん。あなた何か知っているの?二人になにかあったと言っていたけれど」
小町「それなんですがねぇ・・・いやぁ~なんといいますか、私の口からではとても・・・雪乃さんごめんなさい・・・ほんっっっとうに言えないんですよ」
雪乃「ふざけてるところでは無いのよ小町さん。どういうことなのかしら」
小町「あ~小町困ったなぁ・・・このままじゃ小町雪乃さんに叱られちゃうなぁ~誰かたすけてくれないかなぁ~」チラ
結衣「・・・・」
雪乃「これじゃ埒が明かないわね・・・」
結衣「・・・あのね・・・ゆきのん・・・実は」
八幡「おい!結衣!・・あっ」
雪乃「ゆ・・い?あなたいつから由比ヶ浜さんのこと名前で呼ぶようになったのかしら?」
八幡「あ・・・いや・・・これは・・・」
結衣「ゆきのんごめん!」
129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 18:54:18.53 ID:uhHukIjf0
結衣「実は・・・私とヒッキー・・・付き合ってるの!」
雪乃「え・・・つき?付き合ってる?」
八幡「・・・お前風に言うと交際関係にあるということだ」
雪乃「交際??あなたと由比ヶ浜さんが???」
結衣「今まで隠しててごめん!いつか言おうと思ってたんだけど・・・」
小町(ニヤ)
小町「いやーなんか雰囲気あれなんで部外者は退散させていただきますねー」
八幡「お、おい小町!」
結衣「小町ちゃん!」
雪乃「比企谷君と、由比ヶ浜さんが交際・・・比企谷君と、由比ヶ浜さんが交際・・・」ブツブツ
小町(後はお盛んな方たちだけで・・・ね)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 19:09:35.27 ID:uhHukIjf0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
小町「ただいまー」
・・・
ガチャ
小町「お兄ちゃんおかえりは?」
八幡「・・・・・・・」
小町「・・・まぁいっか。今ご飯作るから待っててね♪」
プルルルル
小町「はいもしもし」
結衣「あの・・・結衣だけど・・・ヒッk・・八幡君いますか・・・?」
小町「兄は現在電話に出られる状況じゃありません」
結衣「あ・・・そ・・・そっか・・・もう・・・2週間も学校来てないからさ・・・どうしてるのかなって・・・」
小町「それについては心配無用ですから。私がついていますので。泥棒ね・・・結衣さんがどうこうする問題じゃありません」
結衣「で、でも・・・」
小町「でももだってもありません。私これから夕飯の支度があるのでそれでは」ガチャ
136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 19:21:35.57 ID:uhHukIjf0
小町「♪~」
小町「よしっと♪」
ガチャ
小町「お兄ちゃんご飯だよ?一緒に食べようね」
八幡「・・・」
小町「今日はコロッケつくったんだよ。はいお兄ちゃん」
八幡「・・・」モグモグ
小町「美味しい?」
八幡「・・・」モグモグ
小町「そっか♪いっぱいあるからもっと食べてね」
プルルルル
小町「ごめんお兄ちゃん電話来たからちょっと待っててね」
小町「はいもしもし」
雪乃「あの・・・雪ノ下ですけど・・・八幡君はいますか?」
138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 19:28:46.07 ID:uhHukIjf0
小町「ああ雪ノ下さん。兄ならいますけどあいにく今は食事中なもので」
雪乃「あ、そしたらまた後ほどお掛けしますので・・・」
小町「雪ノ下さん、何か兄に伝えたいことがあるのなら私から伝えておきますけど?」
雪乃「いえ・・・別にそこまでしてもらわなくても・・・」
小町「あ、そう。あ~こまったなぁ~お兄ちゃん食事が終わったら今度はお風呂に入ってすぐ寝ないといけないんですよねぇ~とても電話してる暇なんてないですよ~」
雪乃「ですけど・・それにしたって少しくらい時間が・・・」
小町「・・・・・雪乃さん、あなたはあの泥棒猫とは違いすよね?これで分かってくれると思うんですけど」
雪乃「!・・・は、はい・・・失礼しました・・・」ガチャ
小町(ちょっと言い過ぎちゃったかな)
142 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 19:36:00.98 ID:uhHukIjf0
小町「ごめんねお兄ちゃん。コロッケ冷めちゃわないうちに食べよっか」
八幡「・・・」モグモグ
小町「結衣さんと雪乃さんからまた電話あったんだ」
八幡「・・・」モグモグ
小町「本当にしつこいよね二人とも。特にあの泥棒猫のほうなんて毎日だし。携帯つながらなくなったら家電にまでかけてくるんだもん」
八幡「・・・」
小町「あ、ごめんお兄ちゃん。でもちょっと雪乃さんには言い過ぎちゃったかな」
八幡「・・・」モグモグ
小町「ん?何をって?いやぁあんまりしつこいから食事もお風呂もなんでも私が一緒にしてあげてるって言ったらびっくりしててさ」
八幡「・・・」モグモグ
小町「でもまぁあの人は口硬いし泥棒猫と違って頭いいから大丈夫かな?」
八幡「・・・」モグモグ
147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 19:50:07.72 ID:uhHukIjf0
小町「お兄ちゃんコロッケ美味しかったね」
八幡「・・・」
小町「そっか♪じゃあお風呂はいっちゃおうね?綺麗にしないと」
八幡「・・・」ガクガク
小町「お兄ちゃん嬉しそうだね♪今日もいっぱいしてあげるからね。全部小町に任せて」
八幡「モウ・・・ヤメテ・・・」ガクガク
小町「まかせて・・・お兄ちゃんは小町が一生ずーっとずっと守ってあげるから。」
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」

150 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 19:57:26.75 ID:qnUKrjdA0
なにがあったんだ…
151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 19:58:36.72 ID:GKtimrqpO

交際バレただけで廃人化って何があったんだよ
158 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/02(火) 20:23:49.06 ID:NrLn2AkEP
なんで普通に小町ちゃんを幸せにしてあげないんですかねぇ
元スレ:「お兄ちゃーん小町は今日暇なのでーす」八幡「で?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1372683051/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする