【八幡・雪乃SS】結衣「トリックオアトリート!」

1 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:03:58.46
短編です
微エロがあるので、苦手な方は避けてください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446210238
2 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:04:25.36
結衣「さあ、どんと来い!」

八幡「…は?」

雪乃「由比ヶ浜さん、体調が優れないなら、保健室へ行った方がいいわ。無理をしてはいけないわ」

結衣「え、なんで!? 今日ってハロウィンだよね!?」

八幡「そうだけど、トリックオアトリートの次の台詞が『どんと来い』ってどういう事だよ」

結衣「だって二人とも、お菓子持ってきてないでしょ?」

八幡「いや、あるぞ。小町に言われてな。ほれ、これが由比ヶ浜ので、こっちが雪ノ下の」

雪乃「あら、奇遇ね…私もあるのよ。由比ヶ浜さん、比企谷君、どうぞ」

結衣「ふぇ? あ、ありがと…」

八幡「まだ開けてもないのに、なんか不服そうだな」

結衣「え、あ、いや、その…」

雪乃「予想外かしら?」

結衣「う、うん…」

雪乃「まあ…と、友達なのだから、このくらいして当然ではないかしら?」

八幡「俺も、いつも世話になってるしな…」

結衣「ゆきのん…ヒッキー…へへへ、ありがと!」
3 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:04:52.25
八幡「で、なんかさっきの言い方おかしくなかったか?」

結衣「ん? 何が?」

八幡「さっき『どんと来い』って言った理由を聞いた時の答え方だったら、まるでイタズラするっていうよりは、イタズラしろって感じだったじゃねえか?」

結衣「え? だってトリックオアトリートだし」

八・雪「「?」」

結衣「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ、でしょ? どうせお菓子もらえないんなら、イタズラしてもらって、スキンシップしようと思ったんだ~」

八・雪「「…」」

八幡「ツッコミどころは色々あるが…」

雪乃「とりあえず、『お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ』のイタズラしちゃうのは、言った人のほうよ?」

結衣「…ん?」

雪乃「つまり、あなたがお菓子をもらえなかった場合、あなたがイタズラされるのではなく、あなたがイタズラするのよ」

結衣「え!? そうだったの!?」

八幡「お前これまでずっと勘違いしてたのか…」

結衣「え、英語だから仕方無いじゃん! 馬鹿にすんなし!」
4 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:05:23.89
八幡「まあ、由比ヶ浜が馬鹿なことは置いといて」

結衣「馬鹿じゃないし!」

雪乃「あなた、イタズラされたいの?」

結衣「え、なんで分かるの!?」

雪乃「あなたがさっき言ってたわよ」

結衣「う、嘘…」

八・雪「「…」」
5 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:05:56.31
結衣「えっと、あはは…。あ、あたし帰るね!」

雪乃「待ちなさい」

結衣「え…」

雪乃「イタズラ、されたいのでしょう?」

結衣「う…うん」

雪乃「じゃあ、してあげるわ。私達が」

八幡「え、俺も?」

雪乃「当然じゃない。ね? 由比ヶ浜さん」

結衣「…うん」

八幡「いや、でも…由比ヶ浜は、俺にイタズラされるのなんか嫌だろ?」

結衣「…ううん。嫌じゃないよ」

八幡「ちょ…」

雪乃「…決まりね」

八幡「決まりって言っても…何するんだよ?」

雪乃「そうね…ところで由比ヶ浜さん、そこにある袋は何かしら?」

結衣「え、えっと…これ」

雪乃「ふふ、なるほどね」

八幡「お、おい、何なんだよ…」

雪乃「まあ、とりあえずあなたは外に出てなさい」

結衣「絶対に覗いちゃダメだかんね!」

八幡「え、おい、ちょ」ガララ ピシャ
7 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:06:21.05
結衣「ヒ、ヒッキー…もういいよ」

八幡「お、おう…」ガララ

八幡「!」

結衣「えへへ、どう…かな?」

八幡「い…良いと思うぞ」

結衣「へへへ…ヒッキーに褒められた」

雪乃「あら、目の前に可愛らしい魔女さんが居るというのに、反応が鈍いわね」

八幡「なんか自分が着ているかのような物言いだな…」

雪乃「そんなことはどうでもいいのよ。準備も整ったことだし、さっそく由比ヶ浜さんにイタズラしましょう」

結衣「うう…」

八幡「だから、俺たちは何をするんだよ?」

雪乃「ほら、由比ヶ浜さん。さっき言ってたことを、比企谷君にも言ってあげて」

結衣「えっと…くすぐって欲しい、かな?」

八幡「えっと、俺がそれやったら、下手したら犯罪なんですが…」

雪乃「まったく、チキン谷君は…。じゃあ、まずは私がやるから、後から入ってきなさい。由比ヶ浜さん、行くわよ」ワキワキ

結衣「え、ちょっとゆきの---ひゃ、ちょ、ひゃはははは!」

八幡「ええ…」
8 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:07:00.46
結衣「ゆきのん、ダメ、はふっ、ひゃ、ゆきのんっふふふふふふ!」

雪乃「脇は私だけで十分だから、比企谷君は首筋あたりをお願い」

結衣「はははは! だ、ダメゆきのん! これ以上は、ひゃふ、ふぁはははははは!」

八幡「え、えっと、じゃあ…」コショコショ

結衣「ひゃふ、んん、ヒッキー、そこひゃはは! だめぇ、ははははは!」

八幡「なんで色っぽい声出してんだよ…」

結衣「そこ、なんか、はははははははは!変な気分になっちゃう、ひゃう、ひゃひひひひ!」

雪乃「あら、ちょうどいいじゃない」

八幡「? なにがだ?」

雪乃「なんでもないわ。続けましょう」

結衣「はははは! んうっ、んん、ひひ! んあぁ!」

八幡「…ちょっとハマってきたかも」

結衣「あぁっ! ひゃ、ひゃははははは! んん、ふぁぁ、ああん!」

雪乃「奇遇ね。私もよ」

結衣「ふあっ、んんん! あんっ、やぁああ、ダメぇ!」

八幡「…なんか喘ぎ声の割合が高いような…。おい雪ノ下、手が止まってるぞ」

雪乃「…もう無理」

八幡「は?」

雪乃「比企谷君、私のことも…シて?」

八幡「ちょ、何言ってんだ?」

結衣「ヒッキー、手ぇ止めないで…」

八幡「と、とりあえず、雪ノ下はボタンを外しながら近づくな! 由比ヶ浜はただでさえはだけてる服着てんのに、そこの紐解こうとするな!」

雪ノ下「比企谷君…」

結衣「ヒッキー…」
9 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:07:31.37
静「奉仕部~、五月蝿いって苦情が来てるぞ~」ガララ

一同「…」

静「…いせか」

八幡「へ…?」

静「これは私に対する腹いせか!?」ドゴッ

八幡「へぶっ!」グフッ
10 :いいいい ◆CcW4KPdZhU :2015/10/30(金) 22:08:31.32
以上です
思いつきでやりました
こんな事が起こって欲しいなあ…(遠い目)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:12:20.09
短編をどんどん書くんだ!
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 23:21:34.57
あなたには期待してる
たくさん短編でも長編でも書いてちょ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする