【俺ガイル・ヒッキーSS】雪ノ下陽乃「へぇ..比企谷君って年上が好みなんだ…」 八幡「そ、そんなこと無いです!」

1 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 11:30:17.50

八幡「だ、だったら何だって言うんですか!」

陽乃「お姉ちゃんと付き合おう!」ダキッ

八幡「い、嫌です!///」

陽乃「むー…だったら言わせてもらうけど」

八幡「な、なんですか?」

陽乃「何で年上が好みなのに、ガハマちゃんと付き合ってるの?」ニコ
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428373817
2 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 11:45:14.56
八幡「そ、それは、あいつの好意に答えなきゃいけないと思ったからです!」

八幡「それに、あいつは雪ノ下と違って優しいし….」

陽乃「あー…確かに雪乃ちゃんはきついこと言うしねー」

雪乃「」

結衣「えへへ…///」

八幡「うおっ!お前らいつからそこに…」

結衣「最初からいたよ!陽乃さんが来てから空気になっちゃったんだよ!」

陽乃「ごめんね?」

結衣「いえ!陽乃さんは悪く無いです!悪いのはヒッキーだよ!」

八幡「ちょ …なんで俺が」

結衣「ヒッキーが私たちのことほっとくのが悪いんじゃん!」

陽乃「まあまあ..」

雪乃「 …」

3 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 11:53:42.83
雪乃「と、とにかく、比企谷君を通報するということでいいのね?」

八幡「おい」

陽乃「うーん…年上好みで、私じゃなくてガハマちゃんでもいい理由…」

雪乃「姉さん、あまり考え込まないでちょうだい…」

陽乃「あ、わかった!」

結衣「?」

陽乃「もー..比企谷君も男の子なんだね♪」

八幡「?」

陽乃「比企谷君って、大きい胸の方が好きなんだね///」

結衣「えっ?ヒッキー?///」

雪乃「」

八幡「だ、だったら何が悪い!」

陽乃「開き直ったね」

結衣「ヒッキー….」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/07(火) 11:55:22.08
平塚「」ガタッ
5 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 11:59:12.43
雪乃「そ、そろそろ終わりのようね…」

陽乃「比企谷君、明日また詳しく話そうね♪」

陽乃(これは比企谷君を落とすチャンスかも…)

結衣「ヒッキー、一緒に帰ろー!」

八幡「ああ、それじゃあな、雪ノ下と雪ノ下さん」

陽乃「紛らわしいから陽乃って呼んでよ///」

八幡「さん付けかさん付けでないかで分かるでしょう」

陽乃「むー…」
7 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 12:08:01.09
帰り道

結衣「ヒッキーは、やっぱり大きいほうが好きなの?」

八幡「まあ、な」

結衣「えへへ///、大きくてよかった…///」

八幡「照れるくらいなら言うなよ///」

結衣「その、ヒッキー…」

八幡「ん?」

結衣「今日も…シよ?///」

八幡「昨日あれだけやっといて、まだするのか?///」

結衣「うん..///」

八幡「分かったよ///」

結衣「えへへ…///ヒッキー!」ダキッ

八幡「ちょ///外ではやめろよ///」
??「糞が…私の八幡によりついて…」
8 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 12:08:44.36
一旦終わりです
NTR要素あるかも
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/07(火) 12:11:48.24

誰が寝とられるんですかねぇ
18 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 18:40:11.52
比企谷家 八幡の部屋

結衣「ヒッキー、激しすぎだよ///」

八幡「ああ、ごめんな」

結衣「気持ちよかったからいいけど….///」

結衣「その、またシようね!///」

八幡「ああ///」

結衣「ねえヒッキー、その..///今日は泊まって行ってもいい?///」

八幡「いいぞ、親に連絡したか?」

結衣「もう彼氏の家に泊まるって言っといたよ!」

八幡「そ、そうか..///」

結衣「今夜は楽しもうね///」
19 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 18:56:39.87
リビング

全員「いただきます」

小町「ちょっとお兄ちゃん!どうして結衣先輩を家に停めるの!?」

八幡「結衣と付き合っているから、以上」

小町「むぅ…それじゃあお兄ちゃんとイチャイチャできないじゃん!」

八幡「俺は結衣とイチャイチャするんだ、すまんな小町」

小町「どーせ今夜もヤるんでしょ!」

八幡「だったらどうした」

小町「もう…じゃあ小町は一人でスるから、お兄ちゃんのパンツちょーだい!
あ、できれば脱ぎたてのね」

八幡「嫌、と言っても俺が風呂入ってるときに、勝手に取るじゃねぇか…」

小町「まあ、お兄ちゃんに拒否権は最初から無いんですよ」

八幡「じゃあ何で聞いたし」

小町「誰かさんに小町とお兄ちゃんのラブラブっぷりを見せつけるため」ニヤニヤ

結衣「まあ、所詮負け犬のとおぼえだよ、本物の味も知らなのに…」ニヤニヤ

小町「チッ」

八幡「おい…結衣」

結衣「?」

八幡「よくそんな言葉知ってたな、えらいえらい」ナデナデ

結衣「ヒッキー馬鹿にしすぎだし!///」

21 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 19:19:26.14
八幡の部屋

結衣「んっ///あっ///ヒッキーすごい///」パンパン パンパン

八幡「結衣、気持ちいいか?///」パンパンパンパン

結衣「あっ///ヒッキー、私そろそろ///」パンパンパンパン

八幡「おう、先にイっていいぞ///」パンパンパンパン

結衣「ああ///ヒッキー…..///」ビクンビクン

八幡「結衣..俺もそろそろ///」パンパンパンパン

結衣「来て///」

八幡「うっ///」ピュルルル

結衣「ああ///」ドクドク ビクンビクン

小町「お兄ちゃん///お兄ちゃん!///」クチュクチュ クンカクンカ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/07(火) 19:43:43.32
冷静に考えてこわいわこのシチュ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/07(火) 19:47:59.04
君は淫らな僕の妹乙
28 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 21:17:54.87

結衣「おはよーヒッキー」

八幡「ああ、おはよう」

結衣「もう小町ちゃんが朝ごはん作って待ってくれてるよ」

八幡「それじゃあ、行こうか」

リビング

小町「昨夜はお楽しみでしたねー」ムスッ

結衣「まあまあ」アハハ…

八幡「馬鹿なこと言ってないで、さっさと食べて学校行くぞ」
全員「ごちそうさまでした」
八幡「さて、行くぞ」

結衣「それじゃあ、行ってきまーす!」

小町「あ!待ってー!小町も行きますー!」
29 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 21:29:24.62
八幡(最近、やたらと視線を感じる。最近は小町か結衣とよくいることがあるので、ここでどちらが狙いか確かめよう)

小町「それじゃあ、小町はこの辺で!お兄ちゃん、結衣さん、じゃあねー」

八幡「またな」

結衣「じゃあねー!」

結衣「~が~でねー!」

八幡(まだ視線を感じる…狙いは結衣か?)

結衣「それでねーって、ヒッキー聞いてる?」

八幡(もしくは俺への逆恨みか…)

結衣「おーい!ヒッキー!」

八幡(どちらにせよしばらく警戒しておいた方がいいな)

結衣「ヒッキー!!」ダキッ

八幡「うおっ!急にどうした?」

結衣「ヒッキーさっきまで聞いてた?」

八幡「….すまんな、考え事してた」

結衣「あまり一人で考え込まないでね?」

八幡「ああ…ありがとう」
??「あんなに気安く私の八幡に抱きつくなんて….
すぐにその女から開放してあげるね、どんな手を使っても….」

30 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 21:41:30.74
学校

八幡「….結衣、俺はトイレ行くから、先言っといてくれ」

結衣「うん、分かったよ」

八幡(さて、どう出るか…..っ!?)ゾクッ

八幡(ひ、一人になった瞬間視線がさらに強くなった…)

八幡(こ、怖い…早く教室に戻ろう)
??「そんなに怖がらなくてもいいのに…まあもう八幡は
ほとんど私のものになったも同然だね」

32 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/07(火) 22:03:36.61
それから放課後

結衣「やっはろー!」

雪乃「こんにちは、由比ヶ浜さん」

八幡「ちーっす」

雪乃「あら由比ヶ浜さん、その人は依頼人?私の知らない人のようだけれど…」

八幡「もう慣れたよ」

結衣「私もやめさせるように何度も頼んだけど、もう諦めたよ…」

雪乃「ドャァ」

八幡 結衣「はぁ…」

陽乃「は、八幡ー!」ガララララ

八幡「ゆ、雪ノ下さん!?」

雪乃「あのバカっぽい挨拶もなしに姉さんが入ってくるなんて…」

結衣「ど、どうしたんですか?」

陽乃「ざい…ざいなんとくんが…」

八幡「材木座がどうしたんですか?」

陽乃「戸塚君とキスしてたんだよ!」
八幡「場所は!?」ガタッ
陽乃「君の教室!」

八幡「待ってろ戸塚あああぁぁぁぁ!!!!」

八幡以外「….」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/07(火) 22:16:24.09
はるのん恐ろしす…
38 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/08(水) 18:51:51.45
雪乃「さて姉さん、どうせ嘘なのでしょう?
要件を話してちょうだい」

陽乃「流石だね雪乃ちゃん♪」

結衣「そ、それで、どういう事なんですか?」

陽乃「実はね….」
陽乃「八幡、最近ストーカーされてるんだ」

結衣 雪乃「!?」

陽乃「あ!八幡には言わないでね、また皆に無理させまいと、
一人で背負い込むから」

雪乃「ええ、分かったわ」

結衣「はい…」

陽乃「八幡から相談してきてくれたんだ」

陽乃「だから、もし八幡にもしものことがあったらいけないから
皆で守ってあげなくちゃと思ってね…」
39 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/08(水) 19:07:16.55
その頃八幡は… 教室

八幡「材木座あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ガララララ

材木座「ど、どうしたのだはちまn 八幡「天使をよくも汚したなあぁぁ!!」

材木座「え?」

その瞬間、材木座は飛んだ
それは芸術と言ってもいいというくらい美しかった
材木座への最後の情けと言わんばかりに、
八幡は材木座を殴ったのだ

八幡「ごふぅぅ….」ガクッ

戸塚「は、八幡!どうしたの!?」

八幡「戸塚よ…こんなやつにファーストキスを奪われて…
さぞ悲しんだことだろう、だが安心しろ、仇はとったぞ」

戸塚「え?」

八幡「お前、材木座とキスしたんだろ?」

戸塚「そ、そんなのしてないよ!///」

戸塚(するなら八幡としたいのに…///)

八幡「ほ、ほんとにしてないのか!?」

戸塚「してないよ!///」

八幡「よ、よかった…」ホッ
海老名「さいはちのNTR物の予感!!」

三浦「え?」

海老名「いや、何でもないよ…」ジュルリ

40 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/08(水) 19:13:15.09
奉仕部部室

陽乃「それじゃあ、皆で八幡を守ってあげようね」

結衣「はい!」

雪乃「ええ」

陽乃「じゃあ私はもう帰るねー」

雪乃「姉さん、ちょっと待って頂戴」

陽乃「ん?どうしたの?」

雪乃「姉さんはいつから比企谷君のことを『八幡』
と呼ぶようになったのかしら」

41 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/08(水) 19:41:19.40
陽乃「…へ?」

雪乃「だって姉さんはいつも彼のことを『比企谷君』と
呼んでいたじゃない」

結衣「た、確かに」

雪乃「さて、答えてもらいましょうか?」ニコ

陽乃「….」

陽乃「その、私って八幡と余り良い中じゃないじゃん?」

雪乃「そうね」

陽乃「だから、下の名前で呼んだらもっと親しくなれるかなっと思ってね」

雪乃「白々しいわね」

陽乃「そもそも、雪乃ちゃんに私が八幡のことをどう呼ぼうかは
関係ないよね?」

雪乃「…そうね」

陽乃「そうだよね♪それじゃあまたねー」ガララララ

雪乃「….」
雪乃(比企谷君がストーカーにあっているのは本当でしょう)

雪乃(そして姉さんは適当な理由をつけて逃げたけれど
必ず何か知っているはず…)

雪乃(せっかく彼のことを諦めたのに、ここで彼に何かあったら
きっと私は耐えられない)

雪乃「姉さん…今度は何をしようと言うの?」

結衣「….」

47 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/10(金) 19:45:55.42
八幡「…..ただいま」

結衣「おかえりヒッキー」

八幡「陽乃さんは?」

雪乃「….もう帰ったわ」

八幡「ならよかった」

雪乃「今日はきりもいいからここまでにしましょう」

八幡「ああ、じゃあな」

結衣「じゃーね!」

雪乃「ええ、またね」
48 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/10(金) 19:50:35.04
八幡の部屋

八幡「……なにか違和感がある」

八幡「最近はこの部屋以外は見られてる気がする」

八幡「んー….もう寝よ」
??「もうすぐで八幡が私の物に…ふふっ♪」
49 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/10(金) 19:58:39.17
八幡「今日は結衣とデートだから」

小町「えっ」

八幡「いってきます」

小町「むぅ…..」
八幡「あれ?三十分前に来たはずなんだけど」

結衣「おはよーヒッキー!」

八幡「それじゃあ行くか」

結衣「今日は映画見に行くからね♪」

八幡「どんな映画?」

結衣「ホラー映画だよ!」

八幡「えー…」

結衣「もしかして、怖いの?」ニヤニヤ

八幡「なっ///ちげぇし!///」

結衣「ヒッキーはカワイイなー」

八幡(視線が来る…..気が抜けないな)
??「ああ…八幡、待っててね….」
50 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/10(金) 20:08:27.93
夕方

八幡「楽しかったな」

結衣「うん!」

八幡「また行こうな」

結衣「ねぇ…ヒッキー」

八幡「どうした?」

結衣「私は今がすごく幸せだよ」

結衣「ヒッキーやゆきのん達と一緒にすごせる毎日が、凄く幸せ」

結衣「でも高校を卒業しちゃうと、多分皆バラバラになっちゃう」

結衣「凄く悲しいよ….」

八幡「結衣….」

結衣「でもね….」

結衣「みんなと離れても、ヒッキーとは離れたくないよ」

結衣「ヒッキーと一緒にいる時が、私の一番の幸せだから!」

結衣「だから、ずっと…ずっと私と一緒にいてください!///」ポロポロ

八幡「ああ!もちろんだ!///」ダキッ

結衣「ずっと、ずっと一緒だよ!///」チュッ
51 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/10(金) 20:14:29.47
八幡の部屋

八幡「さて、もう寝よう」

八幡「絶対に結衣を幸せにさせないとな」

八幡「奉仕部にいる時が何よりも楽しくて」

八幡「ときどきトラブルもあるけど、感動できることもある」

八幡「これからも、こんな日々が続けばいいのにな」
結衣の部屋

結衣「えへへ///ヒッキー」

結衣「やっぱり今日は言ってよかったぁ///」

結衣「…こんな毎日が続けばいいのになぁ///」
結衣「幸せにしてね!ヒッキー!///」
52 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/10(金) 20:19:03.07
八幡の部屋

八幡「さて、電気を消して寝るか」

カチッ

八幡「はぁ…」

ガバッ

八幡「!?」

??「ちょっと痛いかもだけど待っててね♪」

八幡「やめろっ!」

??「ちょっと縄で縛るだけだよー♪」
53 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/10(金) 20:22:32.50
??「ふふふー♪もう動けないでしょ?」

八幡「っ….離せ!」

??「それじゃあ、私と八幡は交わるからね♪しっかり見るんだよー?」

カチッ

陽乃「ね?八幡?」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 20:28:59.79
<●><●>
62 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/16(木) 21:27:30.47

八幡「…..」

そして俺は雪ノ下さんにずっと犯され続けた
写真も、動画もとられた

八幡「….うっ..」

結衣にあんなこと言ったのに
そう考えると涙がにじみ出てくる

八幡「….今日は学校休もう…」

本当にすまない…結衣….

陽乃「ふふっ♪」

63 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/16(木) 21:35:03.88
陽乃『ちなみに、ガハマちゃんと付き合い続けるのは
自由だよ』

陽乃『でも、もしこのことを言ったりしたら』

陽乃『この写真を使っていろんな事言いふらすからね♪』

陽乃『まあ、八幡ならわかると思うけどね!』

ーーーー
ーーー
ーー

八幡「はぁ…」

….なぜだろう、今は悲しみとかそういう感情は
浮かんでこない

今は不思議と…

怒りがこみ上げてくる
64 : ◆ctZ.jJ7AyXqc :2015/04/16(木) 21:38:22.77

なんて言ってみたが
実際凄く死にたい
もちろん怒りがこみ上げてこなかったと言えば嘘になる
この後、雪ノ下さんが来る予定がある

その時は多分また犯されるだろう
ああ….死にたい

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする