【俺ガイルSS】由比ヶ浜「ねえわきのん」雪ノ下「……」比企ヶ谷「おい脇ノ下、返事くらいしろよ」雪ノ下「……」

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます


みんな知ってる使ってる「Amazon」

Amazonでは、本を声で聴く「Amazonオーディブル」というサービスもやっています。

知っていましたか?
いや知らなかったって人、オーディブルの30日間無料体験に登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。

安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。

無料体験中に退会で料金は一切不要

無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。

「お金ってかかるの…?」

いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。

また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。

辞めたら没収!とか悲しいことにはならないので、ご安心ください笑
Amazonオーディブル無料体験はこちら

俺ガイルは全巻音声化

俺ガイルは1巻から最終巻の14巻まで全巻オーディオブック化されています。(※これから配信予定の巻もあり)
oregairu1
oregairu2
oregairu3
サンプルボイスも配信されています。気になった方は視聴してみてください♪
oregairusample

ドラマCDとか好きな人には、めちゃくちゃおすすめなサービスですよ。

Amazonオーディブル無料体験で1冊もらう

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 17:58:06.715

いつもと何も変わりない部室

いつものように、いつもの場所で彼女は本を読んでいるかのように見えた

「どうした?」

居眠りでもしているのだろうか、口元を注視すると、微かに光る液体が見える

「眠ってるの?」

この状態を見て、起きていると言うやつは少ないと思うが

一応「そうみたいだな」と返しておいた

今日は天気も良い、程良く暖かい

眠くなるのも仕方ないというものだ

「俺も少し寝るかな」

そう言い、彼女の横にイスを並べる

「なにしてるの?」

「見てわかるだろ、ベッドを作っているんだ」

「うん、それはわかるけど、なんでそこに?」

「枕があるからな」

呟くように言い、俺はお手製ベッドに寝転がり、枕に頭を乗せた
3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 17:59:07.367

なかなか寝心地が良い枕だ

俺は口元を再度注視した

そろそろだろうか、よだれが零れ落ちるのは

タイミングを見計らい、あくびのフリをし、大きく口を開け……

「ちょ、ちょっと待って!絶対これおかしいし!」

クソ、早くしないと零れ落ちてきてしまう

「あとで聞く、今は眠い」

「その今が大変なことになってるし!」

うるさいやつだ、おっと時間だ

「そんなこと言われても……ふぁ~あ」

タイミングはばっちりだった

狙い通り彼女のよだれが俺の口の中に吸い込まれた

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 17:59:39.998

うまい、その一言に尽きた

少し甘いようで、体温で丁度良いぬるさだ

そして、微かなアーモンド臭……ん?

飛び上がり、彼女を揺するが、起きない

それどころか、支えてないと崩れ落ちそうにだらんとした身体……

「おい、こいつ死んでるんじゃないか……」

「なに言ってんの?」

「だってこれ……」

支えている手を離すと、途端に彼女は床に崩れ落ちた……

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:00:21.617

「わ、私、先生を呼んでくる!」

そうだ、すぐに大人を呼んで……いや、この尻の感触はまさか

「いや、待て、待ってくれ!」

慌てて止めに入る

ドアの前で仁王立ちする気分だ

「でも早くしないと……」

どうする、正直に言うか……どうするか……

「ねえ、どうしたの?」

もう、言うしかない……

「履いてないんだ」

「え?」

「パンツ、履いてないんだ、このままだとノーパン女子高生殺害事件と新聞に書かれてしまう」

「う、うん……」

「だから、お前のパンツを代わりに履かせてやってくれないか?」

「そう、だね……わかった」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:01:02.693

バカで良かった、そう呟きながらパンツを脱ぐ姿をムービーに収める

へえ、意外と薄いんだな

「脱いだよ……」

なぜ報告を……いや、これはチャンスだ

「よし、よくやった、早く貸してくれ」

「う、うん、わかった」

伝わる温もり

少し湿っているだろうか

たまらず匂いを嗅ぐ

「ちょ、なんで匂い嗅いでるし!」

このツッコミにハッとした

まずい、まずいぞ

「その、なんだ……」

出てこい、出てこい言い訳!

「えーっと、ほら、他人の匂いは俺が吸い込んでから履かせてやろうかと思ってだな」

苦しいか……?

「なるほど、さすが紳士だね!」

バカで良かった……

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:09:03.469

今しかチャンスはない

俺は横たわる彼女を全裸にし、踊った

もちろんソーラン節だ

こうすることで彼女は死後の世界でも地位を保っていけるのだ

そうして踊り続けること15分

俺は彼女と合体した

この教室内で、この瞬間、俺たちはアダムとイブであった

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:12:50.049

>もちろんソーラン節だ
何がもちろんだよwwwwwwwww

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:13:53.941

さらに20分が経った頃、バカは一人で戻ってきた

「いやー、ちょっと世間話が長引いちゃって……テヘッ」

ペロッと舌を出す姿、いつもなら可愛いと思ったのかもしれないが

今はそんな気分じゃなかった

なぜなら、この横たわる彼女の死……

それが俺に重くのしかかっていたからだろう

「っていうかこの部屋、変な臭いしない?」

えっ?

やばい、気付かれたか?

いやしかし窓は全開にしたんだ、気付かれるはずがない

「さっきお前が脱いだパンツの臭いじゃないか?」

「ちょ、ひどいし!」

というか、なにしに行ったんだこいつ

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:18:43.428

俺たちは話し合うことにした

死体のこと、凶器のこと、犯人像、二人の将来のこと、飲みかけのコーヒーのこと……

「これは、殺人……でいいんだよな?」

「そうだと思うよ、だって自殺するような子じゃないし」

その通りだ

誰よりも美しく、強く、頭の良い彼女が自殺するとはとうてい思えない

「凶器は、なんだろうな」

「うーん、わからないよ」

「俺もだ、見当も付かない」

謎は深まるばかりだ

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:24:34.606

「というか、なんで死んでるって気付いたの?」

青天の霹靂とも言える発言だった

そうだ、俺はあの時なにかを……

そう、アーモンド臭、アーモンド臭だよ!

「問題です、アーモンド臭のする毒物といえば?」

「青酸カリ!」

「正解!」

「つまりこのコーヒーカップに青酸カリを仕掛けた犯人がいるんだね!」

「その通り!か?」

「ちょ、なんでいきなり疑問系になるし!」

先入観は捨てろ、そういつも授業で習っているじゃないか

そうだ、何も青酸カリはコーヒーカップに入れなければならないものではない

そうか、わかったぞ!

「今、パンツ履いてないだろ?」

「なんで知ってるし!変態!」

「それこそがこの殺人事件を解く鍵なんだよ!」

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:28:47.808

俺の推理はこうだ

まず今日の一時間目が体育だったこと

そして、授業内容はプール

バカはバカだから制服の下に水着を着てきた

しかし、パンツを忘れてしまったのである

こんなことは誰にも言えないし、パンツを貸してくれる友人なんて……

いや、いるかもしれない

そう、その貸してくれるかもしれないのが、この横たわっている彼女だ

そう思ったバカはヘラヘラと彼女に近づきこう言う

「うへへ、パンツ貸してよ、忘れちゃってさぁ」

間違いないだろう

ここまでは完璧な推理のはずだ

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:33:59.993

ここからが大事なところだ

恐らく、彼女はパンツを貸すのを断った

なぜなら、自分が履くパンツがなくなるからだ

当然とも言える

貸してくれないことに逆上したバカは、イスで思い切り彼女の頭を殴っ

殴ってはいない、そう、首を絞め……た跡もないから、首は絞めてない

そうだ、最近バカは毎日桃を食べていた気がする

それで、桃の種の中身を集め、彼女に飲ませたのだ

そしてパンツを奪い、何食わぬ顔でここへ戻ってきた

そして今に至るということだ

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:40:04.007

「お縄になっちまいな!」

俺は自分の完璧な推理に至福の感情を覚えながら、バカに吐き捨てるように言った

「ち、違う私じゃない……」

動揺してるのが丸わかりだ

「まあ、自首すれば多少罪は軽くなるだろう、あとはお前の良心に任せる」

一仕事終え、俺は彼女の座っていた椅子に座る

バカのやったことがどうでもよくなるくらい、いい天気だ

俺は近くにあったコーヒーカップに手を伸ばし、飲む

すぐ側で横たわる彼女の味がした気がした……

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:40:29.319

35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:42:24.624

ワロタ

おつ

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:49:23.433

これスレタイでは名前出してるけど

本文では一度も名前で呼んでないな

何か理由でもあるんか?

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/05/13(水) 18:58:43.438

ないよ
元スレ:由比ヶ浜「ねえわきのん」雪ノ下「……」比企ヶ谷「おい脇ノ下、返事くらいしろよ」雪ノ下「……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1431507486/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【俺ガイル1冊無料・AMAZONで本を聴く📚】
Audible無料体験はコチラ
【俺ガイル1冊無料・AMAZONで本を聴く📚】
Audible無料体験はコチラ