【陽乃・俺ガイル】比企谷雪乃「八幡」SS

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 04:37:51.22
八幡「え、今なんつった?」

雪乃「いや私は八幡とちゃんと言ってるのだけれど」

八幡「いきなり下の名前呼びとか勘違いしちゃうだろ、やめてくれ」

雪乃「だから私は八幡っと、おかしいわ……どうして八幡と呼んでしまうのかしら」

八幡「こっちが聞きたいわ、心臓に悪いから普通に呼んでくれ」

雪乃「そんな事わかってるわ、だからちゃんと八幡と呼んで……」

八幡「あーもうわかった、罰ゲームかなにかか?まさか雪ノ下も他の連中と同じ虫の狢だとは思わなかったよ」

雪乃「そんなことないわ!!私の意思とは関係なく八幡と言ってしまうの、信じて」

八幡「もういい、今日はもう帰るわ、またな」

雪乃「八幡!!待って違うの!」

ガララッ バタン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430768261
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 04:46:13.87
雪乃「ほんとどうしたのかしら、私はちゃんと八幡と言ってるのだけれど」

プルルルル

雪乃「電話……、こんな時に誰なの」

陽乃「ひゃっはろー、雪乃ちゃん元気ー?」

雪乃「一体何の用?」

陽乃「久しぶりに電話したのに素っ気ないなぁ」

雪乃「用がないなら切るわよ」

陽乃「ほんとに切ってもいいのかなぁ?」

雪乃「どういうつもり?」

陽乃「今日何か変わった事なかったかな?」

雪乃「何もないわ、要件はそれだけ?」

陽乃「あれれ~?ほんとに何もなかった?そういや比企谷君はそこにいるよね?」

雪乃「八幡なら帰ったわ、あ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 04:52:18.42
陽乃「雪乃ちゃん比企谷くんの事八幡って呼んでるんだぁ、いつのまにそんな仲になったの」

雪乃「全くそういう仲ではないわ、勘違いしないでもらえないかしら」

陽乃「でも今八幡って言ったよね?ちなみにこの会話録音済みだから無駄だよ~」

雪乃「うっ……」

陽乃「それでもう一度聞くけど、今日なにか変わった事なかったかな?」

雪乃「………」

陽乃「雪乃ちゃん?」

雪乃「八幡の事を八幡としか言えなくなってしまったわ、私の意思とは関係なく」

陽乃「ん~?どういうことかな?八幡の事を八幡?」

雪乃「だから八幡って言いたいのだけれど、八幡と言ってしまうの」

陽乃「なるほどねぇ、噂に聞いてたけどすごい効き目なんだねぇ」

雪乃「どういうことかしら?もしかしてこれも姉さんの仕業なの?」

陽乃「さぁどうだろうね~」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 05:01:40.71
雪乃「いますぐこれをどうにかして!このままじゃ奉仕部の活動に支障をきたすわ」

陽乃「ふ~ん、どうやったら治るか知りたい?」

雪乃「はやく教えなさい!!」

陽乃「ん~どうしようかな~」

雪乃「いいから、どうやったら治るのか教えて!」
陽乃「その原因の彼とキスをすれば治るよ」

雪乃「はい?」

陽乃「比企谷くんとキスすれば、今の雪乃ちゃんに起こった異常な現象も治るって言ってるんだよ」

雪乃「そんなこと……、他に方法はないの?」

陽乃「ないよ、比企谷くんとキスして元に戻るか、一生比企谷君の事を八幡と呼ぶか、どっちか好きなの選べば?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 05:10:51.15
翌日 奉仕部
結衣「ヒッキー今日遅いね」

雪乃「そうね……どこをほっつき歩いてるのかしら」

結衣「なんかいつもより今日暗かったし、なにかあったのかな…」

雪乃「そうね、きたら問い詰めましょうか」
ガララッ

八幡「うっす」

結衣「あーヒッキー遅い!!どこ行ってたの?」

八幡「いや、マッ缶買いいってたんだよ」

結衣「自販機までそんな時間かからないじゃーん」

八幡「まぁいろいろとな……」 チラッ

雪乃「………」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 05:26:13.95
結衣「ごめーんゆきのん、優美子にカラオケ誘われちゃった、今日はこれで帰るね!」

雪乃「そう、由比ヶ浜さんまた」

結衣「またねーゆきのん!ヒッキーも!バイバイ」

八幡「あぁ、またな」

ガラララッ バタン
八幡「それじゃ俺もそろそろ」

雪乃「あなたには用事はないでしょう?」

八幡「いや俺もいろいろと忙しいんだ」

雪乃「小町さんに確認はとってるわよ」

八幡「小町の野郎……」

雪乃「それで話があるのだけど……八幡」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 05:31:13.58
八幡「雪ノ下、俺をおちょくってるのか?」

雪乃「そ、そんなことはないわ」

八幡「じゃあなんでいきなり俺の事を下の名前で呼ぶようになったんだ」

雪乃「それは……今は話せないわ」

八幡「なんでだ?」

雪乃「とにかく今は黙って言うことを聞いてくれないかしら、お願い……」

八幡「はぁ………わかったよ、んでなんだ」

雪乃「とりあえず、立ってもらえるかしら」

八幡「おいおい、俺に何するきだよ」

雪乃「なにも危険な事はしないわ、とにかく座ったままじゃいろいろとやりにくいのよ…」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 05:45:54.75
八幡「んでどうするんだこっから」

雪乃「目を閉じてもらえなかしら?」

八幡「おい、いくら俺の眼が腐ってるからってひどくないか」

雪乃「いえ、今回のはそういう意味で言ったわけじゃなくて…」

八幡「どういう意味だよ、まじでこれ罰ゲームかなにかか、終わったら周りに隠れてる奴らが一斉にでてきたりしないよな」

雪乃「そんなことないわ、私を信用してちょうだい、いいから目を閉じて、お願い」

八幡「わかったよ、はやくしてくれよな」
雪乃(比企谷くんとキスするのよね……、いまさら止めるわけにも……)      ※心の声では比企谷呼びです

チュッ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 05:57:22.23
八幡「えっ!?///」

雪乃「/////////」

八幡「ゆっっきのした??今俺に……。」

雪乃「比企谷くん何顔を赤くしてるのかしら?」

八幡「あ、苗字呼びに戻ってる」

雪乃「勘違いしないでもらえないかしら?私が比企谷君を下の名前で呼ぶわけないじゃないっ」

八幡「いやでも、雪ノ下今俺にキスしたのは」

雪乃「夢でも見てたんじゃないかしら?私があなたにキスをするわけないわ、ほんと勘違いも甚だしい」

八幡「まぁそうだよな……俺の勘違いだったわ、変な事いってすまなかった、雪乃」

雪乃「今なんて言ったのかしら?」

八幡「俺の勘違いだったって」

雪乃「いえその後よ」

八幡「変なこといってすまなかった」

雪乃「その後!」

八幡「雪乃」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 06:03:33.93
雪乃「もう一度」

八幡「へ?」

雪乃「雪乃ってもう一度いいなさい、私の目を見て」

八幡「そんな改めて言われると恥ずかしいんだが……、雪乃っ」

雪乃「比企谷くん」

八幡「そういや俺だけ名前呼びってのもおかしいよな、雪乃も俺の事名前で呼んでくれよ、さっきまで言ってたように」

雪乃「わかってるわ、私だって比企谷くんのことを、比企谷くん!!って……あら……」

八幡「どうした?」

雪乃「おかしいわ………、私はちゃんと比企谷くん!って言ってるのに」

八幡「なんだよ……俺だけ下の名前で呼ぶってのもおかしいよな、んなら俺も雪ノ下呼びに戻すわ」

雪乃「それは駄目!!」

八幡「なんでだよ」

雪乃「どうしたのかしら………」

プルルルル
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 06:17:01.48
陽乃「ひゃっはろー」

雪乃「姉さん今忙しいから後にしてもらえないかしら」

陽乃「いやぁ、もしかしたら雪乃ちゃんが困ってるかもしれないって思ってねぇ、ちょっと説明し忘れた事があって」

雪乃「どういうこと?」

陽乃「私が雪乃ちゃんに飲ませた薬の副作用でね、キスをすると相手の事を下の名前呼びできなくなっちゃうの」

雪乃「それを治す方法はあるのかしら?」

陽乃「簡単なことだよ、もう一回キスする、それだけ」

雪乃「そう……」

陽乃「あと24時間以内にやらないと効果ないからね、それじゃまたねー雪乃ちゃんファイト!」
八幡「陽乃さんからか?」

雪乃「えぇ……」

八幡「もう用がないなら俺帰っていいか?」

雪乃「最後に一つお願いしたい事があるの……」

八幡「なんだ?」

雪乃「私と……キスをしましょう」

元スレ:雪乃「八幡」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430768261/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする