【八幡SS】いろは「最近せんぱいの事が好き過ぎてヤバいです」結衣「…」【俺ガイル】

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:11:06.91
いろは「結衣先輩、やっはろーです」

結衣 「やっはろー…じゃなくて!」

いろは「どうしましたか?」

結衣 「今出会いがしらに何か聞こえた気がするんだけど…てゆーか、聞き間違い?うん、聞き間違い。それしてる気がするんだよね~、たぶん。だって、ありえない内容だったし」

いろは「はぁ。変なことを言ったつもりはないですけど」

結衣 「だよねー」

いろは「とりあえず、せんぱいの事が好き過ぎてヤバいです」

結衣 「…がふっ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432365056
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:12:56.59
いろは「どうしたんですか?体調悪いんですか?保健室行きますか?」

結衣 「…ううん、大丈夫。ちょっとびっくりしただけだから。…で、話ってつまり、そーゆーこと?」

いろは「そうなんです。ほんと困ってるんですよ~」

結衣 「こ、困ってるんだ…」

いろは「もちろん、前からずっとカッコいいなぁって思ってたんですけど。最近ほんとヤバいってゆーか、とにかく好き過ぎてヤバいんです」

結衣 「へ、へぇ~」

いろは「てゆーか、ダメな所全然ないとかヤバくないですか?とくに、あの目とかヤバすぎですよね?」

結衣 「どっちかといえば、違う意味で今ヤバいかも…」

いろは「え、どうゆう意味ですか?」

結衣 「…あたしの体力的な意味で」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:15:24.40

いろは「でも結衣先輩って、よく一緒にいるじゃないですか」

結衣 「ま、まぁ、そうかなぁ?」

いろは「あんなに一緒にいたら、ふつうに好きになっちゃったりしないんですか?」

結衣 「え? そ、それは…まぁ、なんてゆーか」

いろは「あ、やっぱりライバルとか多い感じです?確かに、けっこういろんな女の人といる事多いし、狙ってる人とかたくさんいそうですよね~…もしかして本命の人とかもいるのかなぁ」

結衣 「ど、どうなんだろねー。それは、まぁ、あたしも気になるとゆーか、いるようないないような、いて欲しいような欲しくないような…」

いろは「てゆーか、どっちでもわたしは別に構わないんですけど」

結衣 「…うわ、女子力高いなぁ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:17:56.60

いろは「え?だって、そーゆーのって、やっぱり自分から行かないとダメじゃないですか?待ってても近付いてきてくれるわけじゃないですし」

結衣 「…うぅ、耳が痛い」

いろは「じゃあ、やっぱり結衣先輩も…?」

結衣 「え?いや、あたしは違…く、なくもないけど…」

いろは「…へぇ」

結衣 「あ、あたしの事はどうでもいいから!とにかく、いろはちゃんが、その、好きって事は分かったからさ。それで、あたしはいったいどうしたらいいのかな?二人の間を取り持つとか、そーゆーのだったら、悪いけど…」

いろは「あ。とくに何もしなくていいですよ」

結衣 「手伝えな…え?」

いろは「先輩のカッコ良さを誰かに話したかっただけなので」

結衣 「…あー、すっごい胃がキリキリする」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:20:46.96

いろは「あ~、スッキリしました。ありがとうございます、結衣先輩。ほんと困ってたんですよ、こんな事話せる人全然いなくて」

結衣 「…そ、そうなんだぁ」

いろは「生徒会長の立場、振る舞いっていうんですか?あんまりこういう感じ出せない感じなんですよ。その辺り、奉仕部の先輩方は事情が分かってる分、話しやすいとゆーか」

結衣 「…まぁ、いちおう頼られてるってこと、なのかな?」

いろは「はい、わたしすっごく信頼してますよー。いつも色々仕事手伝ってもらって助かってますし」

結衣 「…だったら、最初から本人に言っちゃえばいいのに…」

いろは「それは、さすがに恥ずかしいとゆーか…あはは」

結衣 「…うーん。正直、はじめは冗談かと思ってたんだけどなぁ。でも、いろはちゃん、ほんとに好きなんだね。ヒ」

いろは「ほんとカッコいいですよね。葉山先輩」

結衣 「そっちかー」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:23:29.90
いろは「…大丈夫ですか?結衣先輩。今思いっきり頭ぶつけてましたけど」

結衣 「だ、だいじょうぶだいじょうぶ。ちょー大丈夫だから。あのさ、それより、確認したい事あるんだけど…」

いろは「はい?」

結衣 「今の全部、隼人くんの話だったの?」

いろは「…え?あたりまえじゃないですか」

結衣 「…わー、何言ってんだこいつって目で見てるー」

いろは「てゆーか、葉山先輩以上にカッコいい人、学校にいないじゃないですか。頭も良いしスポーツも出来るし優しいしお金持ちだし、もう全部カッコ良すぎてヤバいですよ」

結衣 「だ、だよねー。…だよねー」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:25:58.06

いろは「…あの、ほんとに大丈夫ですか?やっぱり保健室行った方が…」

結衣 「ううん、ほんと大丈夫だよ。てゆーか、ある意味今大丈夫になったから。もうこれ以上何が起きても全部受け止められるし」

いろは「…はぁ。なら、いいんですけど」

結衣 「そっかぁ、隼人くんかぁ。うん。隼人くん確かにカッコいいよね~。あこがれるよね~。もう、最強って感じだよね~」

いろは「え?…あ、はい。そうですね」

結衣 「やっぱり、あたしはいろはちゃんには、隼人くんみたいな人がいいと思うんだ~。てゆーか、それしかないみたいな?」

いろは「あれ?選択幅せまくないですか?」

結衣 「でも、そういう人が好きなんだよね?いろはちゃんは」

いろは「…とゆーか、ふつうみんなそうじゃないんですか?そんな、将来専業主夫志望とか言ってる甲斐性なしとか、ふつうなくないですよね?なくないんですか?」

結衣 「そ、そーだよねー…うん」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:29:10.92

いろは「そーですよー。たとえばの話ですけど、性格と行動がひねくれた挙句に三回転して、世の中全部斜めにしか見れない人とか、全然カッコ良くないですよ」

結衣 「あー、なんか見たことあるなぁ。その、たとえばの人」

いろは「え?わたしは思い当たる人が全然いないんですけど」

結衣 「…そっかぁ」

いろは「んー、まー、でも、たとえば、普段は色々と悪口言いながらも最後は結局手伝ってくれたり、意外と情に厚かったり、けっこう責任感が強かったりする人は、まぁ、悪くはないですよね」

結衣 「…あれ?ちょっと」

いろは「けど、やっぱりわたしはカッコいい人が好きですね~。葉山先輩みたいな」

結衣 「だ、だよねー!」

いろは「でも、付き合う人はせんぱいがいいなぁ」

結衣 「…がふ」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 16:30:24.40

いろは「というわけで、保健室に付き添って来たので遅れちゃいました」

八幡 「…お前、絶対いつか後ろから刺されるからな」

いろは「えー、じゃあそのときはせんぱいが守ってくださいよー」

八幡 「やだよ。死にたくねぇし。痛いの嫌だし」

いろは「…ほんと、せんぱいってカッコ良くないですねー」

八幡 「悪かったな。葉山みたいな先輩じゃなくて」

いろは「でも、わたしはせんぱいがいいです」

八幡 「…勝手に言ってろ」

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする