【俺ガイルSS】雪ノ下「比企谷君の首を絞めたい」【ヤンデレ】

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます


みんな知ってる使ってる「Amazon」

Amazonでは、本を声で聴く「Amazonオーディブル」というサービスもやっています。

知っていましたか?
いや知らなかったって人、オーディブルの30日間無料体験に登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。

安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。

無料体験中に退会で料金は一切不要

無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。

「お金ってかかるの…?」

いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。

また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。

辞めたら没収!とか悲しいことにはならないので、ご安心ください笑
Amazonオーディブル無料体験はこちら

俺ガイルは全巻音声化

俺ガイルは1巻から最終巻の14巻まで全巻オーディオブック化されています。(※これから配信予定の巻もあり)
oregairu1
oregairu2
oregairu3
サンプルボイスも配信されています。気になった方は視聴してみてください♪
oregairusample

ドラマCDとか好きな人には、めちゃくちゃおすすめなサービスですよ。

Amazonオーディブル無料体験で1冊もらう

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:04:00.45
雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「あら、比企谷君、こんにちは」

雪ノ下「待っていたわ」

雪ノ下「ずっと」

雪ノ下「今日は少し遅かったわね」

雪ノ下「え? いつも通り?」

雪ノ下「そんなことはないわ」

雪ノ下「とても長く感じたわ」

雪ノ下「待っているのが」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426255440
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:05:28.35
雪ノ下「今、紅茶を淹れるわね」

雪ノ下「少し待っていてちょうだい」

雪ノ下「すぐできるから」

雪ノ下「ね?」

雪ノ下「ふふ・・・」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:06:47.46
雪ノ下「・・・・・・」

カチャン     コポコポコポ・・・・・・     コト

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「・・・・・・・・・」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:08:49.75
雪ノ下「はい、どうぞ、比企谷君」

雪ノ下「冷めないうちに飲んで」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「・・・・・・・・・」

雪ノ下「(・・・・・・)」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:11:49.19
また病んでる…

期待
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:12:38.80
雪ノ下「(あぁ、比企谷君が私の紅茶を飲んでいるわ)」

雪ノ下「(美味しいかしら?)」

雪ノ下「(貴方はいつも仏頂面だから)」

雪ノ下「(貴方は他人と分かり合うのにいつも時間がかかる)」

雪ノ下「(いえ、関わりを持とうとしないのだわ)」

雪ノ下「(でもね、良いの)」

雪ノ下「(私には、貴方の全てがわかるわ)」

雪ノ下「(貴方のことが理解できる人間は)」

雪ノ下「(私1人で十分だわ)」

雪ノ下「(ふふ・・・ふふふふふ・・・・・・)」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:16:14.67
雪ノ下「あら、由比ヶ浜さん、こんにちは」

雪ノ下「ちょうど今紅茶を淹れたところなの」

雪ノ下「どうぞ」コト

雪ノ下「あら、お菓子を持ってきてくれたのね」

雪ノ下「ありがとう」

雪ノ下「これも一緒にいただくわね」

雪ノ下「比企谷君もどうぞ」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:20:33.50
雪ノ下「(比企谷君がクッキーを食べているわ)」

雪ノ下「(ただ、黙々と)」

雪ノ下「(可愛いわ、とても)」

雪ノ下「(いつ見ても飽きないわ)」

雪ノ下「(彼の行動1つ1つを全て見ていたい)」

雪ノ下「(いつでも一緒にいたい)」

雪ノ下「(私は常に貴方のことを見ているわ)」

雪ノ下「(比企谷君・・・あぁ、比企谷君・・・・・・)」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:25:07.85
雪ノ下「今日も特に依頼は来なかったわね」

雪ノ下「さ、帰りましょうか」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「あ、比企谷君」

雪ノ下「帰りに少し一緒に寄ってほしいところがあるの」

雪ノ下「この後は暇かしら?」

雪ノ下「・・・そう」

雪ノ下「じゃあ、行きましょうか」

雪ノ下「由比ヶ浜さん、帰りは気をつけてね?」

雪ノ下「さようなら」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:27:44.68
雪ノ下「・・・はい、比企谷君」

雪ノ下「プレゼントよ」

雪ノ下「お金の心配はいらないわ」

雪ノ下「私が比企谷君にあげたかったものだから」

雪ノ下「ずっと、ずっと前から」

雪ノ下「ね?」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:29:16.53
雪ノ下「どうかしら? そのペアリングは」

雪ノ下「神秘的だと思うのだけれど」

雪ノ下「ほら、見てちょうだい」

雪ノ下「私とお揃いよ」

雪ノ下「ふふ・・・」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:31:38.22
雪ノ下「どうしてこんな物をくれるのか?」

雪ノ下「それは秘密よ」

雪ノ下「絶対に」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「気に入っていただけたかしら?」

雪ノ下「・・・そう、良かったわ」

雪ノ下「(あぁ、困惑しながらも少し顔を赤らめて)」

雪ノ下「(本当に可愛いわ、私の比企谷君)」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:34:36.12
雪ノ下「比企谷君、そのペアリングは」

雪ノ下「いつも身につけていてちょうだい」

雪ノ下「絶対よ?」

雪ノ下「このペアリングの効果はね」

雪ノ下「身につけた者同士がね」

雪ノ下「一生離れられなくなるものなの」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「冗談よ、本当はお守りよ」

雪ノ下「だからそんな顔をしないでちょうだい」

雪ノ下「ね?」

雪ノ下「ふふ・・・」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:35:58.64
病んでる病んでる
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:39:18.34

― 雪ノ下宅 ―
雪ノ下「(今日も比企谷君は可愛かったわ)」

雪ノ下「(でも、平塚先生が彼にゲンコツをしたらしいわ)」

雪ノ下「(許せないわ、絶対に)」

雪ノ下「(比企谷君に辛い思いをさせて)」

雪ノ下「(あぁ、でも比企谷君が苦痛に歪む顔)」

雪ノ下「(是非とも見てみたいわ)」

雪ノ下「(いつもとは違った顔も)」

雪ノ下「(それも彼の一部なのだから)」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:42:28.45
雪ノ下「(そうね、もし比企谷君の苦しむ顔を見たいなら)」

雪ノ下「(彼の首を絞めてみたいわ)」

雪ノ下「(首に跡が残るくらい、思いっきり)」

雪ノ下「(彼はどんな声をあげるのかしら?)」

八幡『あ゛ぇ・・・!?』

雪ノ下「(きっと、こんな声にもならない声をあげるのだわ)」

雪ノ下「(可愛いわ・・・)」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:47:09.46
雪ノ下「(そして、必死にもがいて私から離れるの)」

雪ノ下「(一生懸命呼吸を正常にしようと息をするけど)」

雪ノ下「(上手く呼気と吸気のバランスが取れずに、その場に倒れて)」

雪ノ下「(まるで助けを求めるような、蚊の鳴くような声をあげて)」

雪ノ下「(やっと落ち着いた頃には、涙ぐんで咳が止まらなくなるの)」

雪ノ下「(ふふふふふふふふふ・・・・・・・)」

雪ノ下「(あぁ、想像しただけで体が火照ってきたわ)」

雪ノ下「んっ・・・!///」ゴソ

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:53:43.77

― 翌日 学校 ―
雪ノ下「比企谷君、一緒にお昼はどうかしら?」

雪ノ下「部室で、2人で」

雪ノ下「由比ヶ浜さんは三浦さん達と食べているようだから」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「比企谷君はいつも購買を利用しているのよね?」

雪ノ下「今日は私が比企谷君の分も作ってきたの」

雪ノ下「だから、ね? 一緒に食べましょう?」

雪ノ下「ふふ・・・ふふふ・・・・・・」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/13(金) 23:59:07.28
雪ノ下「どうかしら? 比企谷君」

雪ノ下「一応、味見はしたのだけれど」

雪ノ下「・・・そ、そう」

雪ノ下「そんなに褒められると、恥ずかしいわ・・・///」

雪ノ下「とても喜んでくれて、嬉しいわ」

雪ノ下「本当に」

雪ノ下「明日から毎日作ってくるわ」

雪ノ下「だから全部綺麗に食べてちょうだい」

雪ノ下「え? なんでこんなことするのか?」

雪ノ下「最近様子がおかしい?」

雪ノ下「・・・それは秘密よ」

雪ノ下「それに、私はいつも通りよ」

雪ノ下「だから、心配はいらないわ」

雪ノ下「ね?」

雪ノ下「比企谷君」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:06:38.26
雪ノ下「(あぁ、比企谷君が私の作ったお弁当を食べているわ)」

雪ノ下「(それもとても美味しそうに)」

雪ノ下「(あぁ、あぁ・・・なんて嬉しいのかしら)」

雪ノ下「(喜んで食べている比企谷君可愛いわ)」

雪ノ下「(そう、どんどん食べて)」

雪ノ下「(どんどん食べて、私色に染まってちょうだい)」

雪ノ下「(あぁ・・・あぁ・・・)」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:09:18.60
雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「また1人の時間ね」

雪ノ下「退屈だわ」

雪ノ下「授業が全て終わり、比企谷君が来るまで部室で待っている時間は」

雪ノ下「とても長く感じるわ」

雪ノ下「本なんてどうでも良いわ」

雪ノ下「比企谷君・・・」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:11:14.05
雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「あら、一色さん、こんにちは」

雪ノ下「何の用かしら?」

雪ノ下「え? 比企谷君に用事があるのかしら?」

雪ノ下「そう・・・」

雪ノ下「残念ながら、まだ彼は来ていないのよ」

雪ノ下「それに由比ヶ浜さんも」

雪ノ下「どうしたのかしら?」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:12:48.82
雪ノ下「・・・そうね、もう少ししたらまた来てちょうだい」

雪ノ下「えぇ、わかったわ」

雪ノ下「彼にも伝えておくわ」

雪ノ下「じゃあ、一色さん」

雪ノ下「さようなら」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:14:00.28
雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「・・・・・・・・・」

雪ノ下「(遅過ぎるわ・・・)」

雪ノ下「(・・・・・・)」

雪ノ下「(・・・・・・・・・)」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:17:46.58

― 屋上 ―
由比ヶ浜「ヒッキー、大好きだよ・・・」ギュ

八幡「由比ヶ浜・・・」

雪ノ下「<⦿> <⦿>」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:19:44.43
由比ヶ浜「えへへ・・・ヒッキーったら・・・」

由比ヶ浜「あ! ゆきのん」

由比ヶ浜「どうしたの?」

由比ヶ浜「?」

由比ヶ浜「お゛ぇ・・・!?」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:22:26.57
由比ヶ浜「あ゛ぉ・・・え゛ぇ・・・!」

由比ヶ浜「は・・・ぁ゛・・・!」

由比ヶ浜「か・・・んがっ・・・!」

由比ヶ浜「ぁ・・・・・・」ガク

由比ヶ浜「・・・・・・」

由比ヶ浜「・・・・・・・・・」

由比ヶ浜「」

由比ヶ浜「」ゴト

由比ヶ浜「」

雪ノ下「・・・・・・」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:24:49.69
雪ノ下「比企谷君、こんにちは」

雪ノ下「今日は由比ヶ浜さんもいるわ」

雪ノ下「先に来ていたの」

雪ノ下「・・・・・・」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:27:57.70
雪ノ下「比企谷君、そんなに取り乱さないでちょうだい」

雪ノ下「綺麗な顔をしているでしょう? 硬直前に治してあげたの」

雪ノ下「それだけでも十分だと思うのだけれど」

雪ノ下「由比ヶ浜さんはやってはいけないことをしたのよ」

雪ノ下「私の可愛い可愛い比企谷君を奪おうとしたから」

雪ノ下「そうなって当然だと思うのだけれど」

雪ノ下「違うかしら?」

雪ノ下「ねぇ?」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:29:45.82
雪ノ下「・・・そう」

雪ノ下「そんなことを言うのね、比企谷君」

雪ノ下「信じていたのに・・・」

雪ノ下「どうやら、由比ヶ浜さんに毒されてしまったみたいね」

雪ノ下「これは少し躾が必要ね」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:33:29.97
雪ノ下「どうかしら? 比企谷君・・・!」ギリギリ

雪ノ下「苦しいかしら? ねぇ・・・!」ミシミシ

雪ノ下「あぁ、やっと見ることができたわ!」

雪ノ下「貴方の苦しみに歪んだ顔を!」

雪ノ下「なんて可愛いのかしら!」

雪ノ下「もっと見せてちょうだい!」

雪ノ下「ほら、もっと苦しんで!」ミリミリ

雪ノ下「あは! あははははははは!!」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:36:19.71
雪ノ下「!?」ガバ

雪ノ下「はぁ・・・はぁ・・・」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「ゆ、夢・・・ね・・・」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「はぁ・・・」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「あ」

雪ノ下「そういえば」

雪ノ下「やることがあったのだったわ」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:40:27.38
雪ノ下「・・・・・・」

ゴロゴロゴロ     ゴロゴロゴロ・・・・・・     ガチャ

雪ノ下「・・・・・・」

ゴロゴロゴロ     ゴロゴロゴロ・・・・・・     バタン

雪ノ下「・・・・・・」

カサカサ     ジャリジャリ・・・・・・

雪ノ下「・・・・・・」

ファサ     ズルズル     ガサガサ・・・・・・

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「・・・・・・・・・」

折本「」

相模「」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/14(土) 00:47:31.84
雪ノ下「比企谷君、おはよう」

雪ノ下「今から登校かしら?」

雪ノ下「奇遇ね、私もだわ」

雪ノ下「折角なのだし、一緒に行ってあげても良いのだけれど」

雪ノ下「・・・・・・」

雪ノ下「優柔不断は嫌いなのだけれど」

雪ノ下「ふふ」ギュ

雪ノ下「少し汗ばんでいてゴメンなさい」

雪ノ下「ゴミ出しで少し頑張ってしまって」

雪ノ下「そう、大きくて重いゴミよ」

雪ノ下「それが2つもあったの」

雪ノ下「我ながら、結構頑張ったと思うのだけれど」

雪ノ下「どうかしら?」

雪ノ下「比企谷君」

雪ノ下「うふふ・・・」

― ゴミ置き場 ―
黒い袋『』

黒い袋『』
――― 終 ―――

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【俺ガイル1冊無料・AMAZONで本を聴く📚】
Audible無料体験はコチラ
【俺ガイル1冊無料・AMAZONで本を聴く📚】
Audible無料体験はコチラ