【はやはちSS】葉山隼人「それでヒキタニ君は誰が好きなんだ?」八幡「は?」

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます


みんな知ってる使ってる「Amazon」

Amazonでは、本を声で聴く「Amazonオーディブル」というサービスもやっています。

知っていましたか?
いや知らなかったって人、オーディブルの30日間無料体験に登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。

安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。

無料体験中に退会で料金は一切不要

無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。

「お金ってかかるの…?」

いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。

また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。

辞めたら没収!とか悲しいことにはならないので、ご安心ください笑
Amazonオーディブル無料体験はこちら

俺ガイルは全巻音声化

俺ガイルは1巻から最終巻の14巻まで全巻オーディオブック化されています。(※これから配信予定の巻もあり)
oregairu1
oregairu2
oregairu3
サンプルボイスも配信されています。気になった方は視聴してみてください♪
oregairusample

ドラマCDとか好きな人には、めちゃくちゃおすすめなサービスですよ。

Amazonオーディブル無料体験で1冊もらう

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 14:01:21.82
葉山「それでヒキタニ君は誰が好きなんだ?」

八幡「は?いきなり何言ってんのお前つーかいきなり話かけてくんなよ友達なのかと思っちゃうだろ」

八幡「で、何だその質問?大富豪でもして負けたのか?(あとヒキガヤな)」

葉山「えっと…」

八幡「いや…引くなよ…そういう時こそお前のスキル使ってくれよ
今のはトップカーストの奴が俺なんかに話しかける何て罰ゲーム以外に無いだろうって自虐ネタだよ(何で俺自虐ネタの説明してんだ…)」

葉山「あ、あぁすまない」

葉山「それでヒキタニ君は誰が好きなんだ?」

八幡「だからいきなりなんなんだよ…(あとヒキガヤな)」
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 14:04:46.72
よっしゃ!ホモスレやんけ!
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 16:11:31.36
葉山「いや、こういう話もしといた方がいいのかと思ってね」

八幡「何で俺とお前が修学旅行の夜みたいに好きな人の話なんてしなきゃいけないんだよ
まぁ修学旅行にそんな話した事ないけどな」

葉山「いや、君とこういう話をして仲良くなっておくのは俺にとってとても有益になると思ってね」

???「キマシタワーーー!!!」

八幡「だれだいまの」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 16:13:19.96
葉山「でだ、ヒキタニ君は誰が好きなんだ?」

八幡「いろいろしつこいなお前(ヒキガヤだからな!)」

葉山「いいじゃないか!教えてくれよ!!」

八幡「(何だよこいつうざすぎる)」

八幡「じゃぁ小町かな、小町だな、小町しかありえない、ってことで小町で」

葉山「!!!」

八幡「?」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 16:14:48.82
葉山「そ、それは君の妹だろ?親族はもちろん無しだ」

八幡「ん?なんでだよ、千葉なら普通だろ」

葉山「いや知らないがとにかく親族は無しで頼むよ」

八幡「じゃぁ…戸塚かな?戸塚だ!よく考えたら戸塚しかありえない!!」

葉山「今日一番の勢いで同性への愛を叫ぶなよヒキガヤ」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 16:16:21.90
八幡「そういうお前はどうなんだよ(あとヒキタニな…あれ?)」

葉山「俺の好きな人?」

八幡「あぁ、俺だけ答えてお前が答えないってのは変だろ?こういうのはお互いの好きな人を教え合うと思うんだが」

葉山「ヒキタニ君の好きな人もまだちゃんと聞いてない気がするがまぁそれは後でいいか」

八幡「(だからヒキガヤな、てゆーかお前さっき普通に言ってただろ)」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 16:18:27.86
葉山「そうだな…
優美子や結衣は魅力的だし雪ノ下姉妹も捨てがたい。城廻先輩もいいしいろはから『先輩』なんて呼ばれるのもまたいい。もちろん川崎さんや姫菜という選択肢とある…が」

八幡「(なんかいきなり饒舌になったな、っていうかまだ先生の名前が出てないぞ!平塚先生やりましたね玉の輿ですよ)」

葉山「俺の好きな人は総武高にはいない。そして年下なんだ」

八幡「(残念でしたね先生)」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 16:19:56.08
八幡「年下って事はいろは…は違うか、そもそも総武高じゃないって…まさか…(あれか!鶴見留美なのか!それとも由香ちゃん!それか仁美ちゃん!!いや、大穴で森ちゃ んかもしれん…)」

葉山「どうやら気付いてしまったようだね…」

八幡「(こいつ…ロリコンだったのか)」ゴクリ

葉山「正直これを言ってしまう事で君からは軽蔑の目で見られるでだろう」

葉山「だが、だが!あえて言おう!!」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 16:20:47.28
葉山「あえて言おう!!比企谷小町であると!!!」

八幡「…」

葉山「あえて言おう!!比企谷小町であると!!!」

八幡「二度も言うな、イヤ二度と言うな」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 17:03:47.61
葉山「兄を愛し、兄を慈しみ、兄を叱り、兄を導く…最高の妹じゃないか!」

八幡「その兄の前で何言ってんだよ」

葉山「しかも兄の前で無防備な姿を晒すなんて…羨ましすぎるよお兄ちゃん!」

八幡「お前にお兄ちゃんなんて言われても嬉しくねーよ二度と呼ぶなよ」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 17:05:49.38
葉山「あぁもちろんいいとも。何故なら俺はお兄ちゃんと呼びたいんじゃない…お兄ちゃんと呼ばれたいんだ!」

八幡「(駄目だこいつ…千葉病にかかってやがる…)」

葉山「そのためにヒキタニ君、いやヒキガヤ、いや…八幡!!」

海○名「」ゴクリ

葉山「俺と結婚してくれないか」

八幡「な、なに言ってんだお前!!」

海老○「キマシタワーーー!!!!!!!!」

八幡「お前はなにしてんだ!」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 17:07:07.75
葉山「八幡と結婚すれば俺は小町ちゃんのお義兄ちゃんになれる…発音だけ見れば『おにいちゃん』だ」

八幡「お前はそれだけのために俺を人生の伴侶にするつもりなのかよ」

葉山「もちろんそれだけじゃない」

八幡「は?まだあるのかよ」

葉山「あぁ、ソロレート婚って知ってるか?」

八幡「ソロ?なんだそれ」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 17:08:15.02
ユキペディア「ソロレート婚とは
ソロレート婚 (ソロレートこん)またはソロラト婚(ソロラトこん)は、世界中で広くみられる二次婚のひとつよ。妻が死んだ後、夫が妻の姉妹と結婚する制度で、結婚によって培われた家族の資産が崩壊するのを防ぐためのものらしいわね。日本語では順縁婚(じゅんえんこん)とも言うそうよ。ちなみに夫が死んだ後に妻が夫の兄弟と結婚する制度のことはレビラト婚または逆縁婚といってソロレート婚とレビラト婚を総称して日本ではもらい婚ともいうの。

つまり葉山くんはまずは比企谷くんと結婚して小町さんに自分の事を『お義兄ちゃん』と呼ばせる。その後比企谷くんが死んでからお兄ちゃんを失った小町さんに『俺がお兄ちゃんになってやるよ』とでも言って弱味に付け込んだ後そのまま恋愛に発展。結婚してからも『お兄ちゃん』と呼ばせるつもりなのかしら」

八幡「なにそれこわい」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/05/07(水) 17:38:01.47
すごいスレに迷い込んでしまった
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 18:40:21.80
八幡「葉山…お前俺を[ピーーー]つもりか」

葉山「まさか、もちろんそんな事しないよ
ただ新婚旅行は標高の高い山で山登りでもしよう。毎年の結婚記念日には世界の秘境に行って趣味はダイビングにしよう!移動には格安航空機や船を活用して日々の生活では卵の消費期限が一日過ぎてても気にしない事にしよう」

ユキペディア「あなた…まさかプロパビリティーの犯罪を!」

八幡「プロパ?今度はなんだ?」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 18:46:22.47
ユキペディア「プロパビリティーの犯罪とは
例えば夜の散歩中、自動車の運転手に呼び止められた。その運転手は通行人をはねてしまって医者を探しているのだというわ。近所には設備のいい外科医院と下手な内科医院があったけど、わざと下手な方を教える。そこに運び込まれた怪我人は手当てのかいもなく死亡し、運転手は罪に問われるの。
例えばその家には小さな子供がいて、夫婦の寝室は二階にあるとする。そして子供の小さな人形を階段の途中に置いておいたところ、夜中に起き出した妻が、階段を転落して首の骨を折ってしまうの。もちろんこれは不慮の事故として処理され てしまったわ。

例えば家が燃えていた。焼け出され茫然としていた若妻に 「奥さん、あなたのお子さんがまだ中にいますよ!」 と告げると、火の中に駆け込んでいった。彼女は焼死体で発見されたが、二人の子供は無事だった。もとより中には子供はいなかったのよ。

この上に述べた三つの事例には共通する点が二つあるわ。第一には犯罪とは言えないこと。最初の例で責め を負うのは自分の義務を果たした運転手や医者であるし、二番目の例は犯罪であることすらわからないでしょう。三番目の例では、火事場で何を言おうと聞きつける者もいないし、仮に聞かれようと、本当にその時はそう思ったんだ、と強弁すれば済むことでしょう? 第二に、これには偶然の要素がかなりの強さで関わるということよ。怪我人は持ち直すかもしれないし、階段を必ず踏み外すとも限らない。火の中に飛び込む前に人に止められるのは大いにありうることよね。 よってこれを蓋然性(プロバビリティー)の犯罪というの。各々の犯罪が成功する確率は小さい。だけど、それを無限に繰り返してやることによってその確率は必ず1となるの。そのとき殺人が遂行される。相手の喉をかき 切ったのと同じくらい確実に。しかもこの種の犯罪を法で罰することは絶対に不可能なの。

つまり葉山くんは高い山とか秘境とかダイビングとか格安航空機とか船とか、普通に生活してるより事故に起こりやすい状況を積み重ねる事によって比企谷くんが死ぬ確率を限りなくするつもりなのよ
しかも卵で食中毒も狙ってるし…この上怪しげな店でフグを食べさせたり日々の移動手段をバイクに変えたりすれば完璧ね」

八幡「なにそれ超こわい」

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 18:50:57.43
何この長文wwwwww
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 07:27:38.12
八幡「やっぱ殺すつもりじゃねーか!」

葉山「そんなに熱くなるなよヒキタニ君」

八幡「この状況で熱くなれないなら俺の人生で熱くなる所は無くなる(それとヒキry)」

○老名「熱く滾った己自身ヲーー!!」

葉山「姫菜、黙れ」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 07:29:18.86
葉山「ヒキタニ君よく考えてほしいんだがこれは君にとってもそんなに悪い話じゃないと思うんだが」

八幡「そんなわけ… 」

八幡「(いやよく考えたら葉山と結婚すれば働かなくて済むし結構豪華な暮らしが出来そうだ…何か海外旅行にも定期的に連れてってくれるみたいだし
それとヒキ…いや、もういいや)」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 07:31:22.23
八幡「確かにそこまで悪い話じゃない気がしてきた」

葉山「え!?」

八幡「なんだ?お前から言ってきたんだろ」

葉山「あ、あぁイヤ、なんでもない」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 07:34:23.04
八幡「死ぬのは確かに嫌だがよく考えたら普通に生きてても事故に合う確率は0じゃない。現に俺は高校に入る時に事故に合ってるしな
また馬鹿な犬が俺の目の前で車道に飛び出すかもしれないし正直次も運良く助かるとは思えない
太く短く生きれると思えばむしろ凄くいい話だ」

葉山「そ、そうだな…」

八幡「と、言う事で葉山」

葉山「な、なんだい?」

八幡「俺と結婚しよう」

海老名「キッッッマシタワーーー(はっ!ついに名前が!)」

葉山「(マズイ…)」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 07:48:44.09
葉山「(マズイ…ちょっとからかうつもりだったのに何故か乗ってきた)」

葉山「えっとだな、ヒキタニ君」

八幡「違うぞ葉山、イヤ!隼人!!」

隼人「隼人!?」

八幡「きょ、今日から俺も葉山だろ」//

葉山「え、ちょっヒキガヤ」

八幡「八幡って…呼んで」//
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 07:51:07.63
ヒッキーが目以外も腐っちゃった……
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 19:56:13.26
葉山「まてまてまてまて!落ち着けヒキガヤ」

八幡「八幡!」

葉山「いや、しかし!」

八幡「は・ち・ま・ん!」

葉山「は、八幡」

八幡「うれしい!」ニパァ

葉山「か…かわいい」キュン
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 20:11:40.40
八幡「八幡って読んでくれて嬉しい!」ギューー

葉山「お、おい(抱きつきっ!?)」

八幡「いや…なの?」

葉山「いやとかじゃなくて…その、当たって…」

八幡「えっと…当ててるんだよ?」

葉山「えっ…」ドキ
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 20:12:37.63
これは、男同士なんだよなww
三浦やばいぞーww
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 20:14:01.13
八幡「はやとぉ、僕もう我慢できない」//

葉山「俺もだ、八幡」//

八幡「隼人」//

葉山「八幡」//

八幡「僕に早く熱く滾ったの…ちょうだい?」

葉山「はちまーーーん!!」

八幡「はやとぉぉぉ!」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 20:15:13.02
八幡「はやとぉ、僕もう我慢できない」//

葉山「俺もだ、八幡」//

八幡「隼人」//

葉山「八幡」//

八幡「僕に早く熱く滾ったの…ちょうだい?」

葉山「はちまーーーん!!」

八幡「はやとぉぉぉ!」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 20:18:45.90

ーーーーーーーーーーーーーーー

海老名「キマシタワーーーー!!」ガバッ

優美子「うるさい!」バシッ

海老名「痛っ、あ、あれ?ここは?私のはや×はちは何処?」

優美子「自重しろし」バシッ

海老名「(あ、そっか今は修学旅行に向かう途中で…寝ちゃって…夢だったのかぁ)」

優美子「それにしても京都楽しみだねー
あーし小学生の時に行ったきりなんだ」

海老名「うん!楽しみだね!」

海老名「(いい夢も見れたし…修学旅行楽しいといいなぁ)」
おわり
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 20:23:01.06
夢だったなんてww
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 21:56:30.90
なんか最初にループしそう
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/09(金) 22:31:32.95
これじゃあ誰も救われないじゃない!

元スレ:葉山「それでヒキタニ君は誰が好きなんだ?」八幡「は?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399438881/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【俺ガイル1冊無料・AMAZONで本を聴く📚】
Audible無料体験はコチラ
【俺ガイル1冊無料・AMAZONで本を聴く📚】
Audible無料体験はコチラ